福井県の焼き物 越前焼の特徴と魅力 通販で購入出来る越前焼陶器 お洒落な食器 皿 お椀 カップ 酒器 茶器 花器 雑貨

福井県の焼き物 越前焼の特徴と魅力とは?通販でお取り寄せ出来る人気の越前焼陶器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等をご紹介します。

越前焼の歴史と特徴

赤褐色の土肌が渋みと温もりを感じさせる越前焼。約800年の歴史を誇る日本六古窯の一つ。粗い焼き締めの肌にかかる自然釉の素朴さに心が和みます。最近は新越前焼と呼ばれる日用食器をはじめ、モダンな器が生み出されています。

越前焼は、今から約850年前の平安時代末期から始まりました。
その頃は、主に水がめ(水や穀物用)や、すり鉢といった日用雑器を中心に生産しておりました。
そして、越前海岸に近い立地から商品は北前船によって北は北海道から南は島根県まで広まり、北陸最大の窯業産地として発展しました。
しかし、水道の普及や磁器製品の広まりによって需要が落ち込み、越前焼は一時期衰退してしまいました。
その後、地元の研究者 水野九右衛門氏と、日本の陶磁器研究者 小山冨士夫氏によって発掘調査と研究が進められ、復興を遂げることになりました。
また、昭和23年には小山冨士夫氏によって越前焼が「日本六古窯」の一つに数えられ、全国に知られる焼き物となりました。
越前焼の名称は、昭和40年5月の県窯業開発振興協議会において、県内で生産される各窯元の焼き物の名称を越前焼に統一することが決定されました。(福井県窯業誌より)
その後、昭和46年には越前陶芸村が建設され、昭和61年には国から伝統工芸品として指定を受けました。
また、平成29年4月には日本六古窯として日本遺産認定を受け、県外だけでなく海外に向けても発信を続けています。

越前焼は、福井県丹生郡(にゅうぐん)越前町(旧宮崎村、織田町)に粘りのある鉄分の多い陶土があったことによって生まれました。その足跡は、地名である丹生郡の「丹」(赤土という意味を持つ)からもうかがうことができます。
昔は、良質な土を見つけるとそこに窯元の集団が集まり、そこで焼き物を製作し、その場で窯を作り焼成していました。そして土がなくなるとその集団はまた良質な土を求めて移動しており、現在その窯跡はこの陶芸村近辺を中心に200基以上発見されています。
現在も当組合ではこの陶土にこだわり、越前町内で採取した土を、当組合の坏土工場で精製したものを窯元に供給して商品を作っています。また、越前の土は鉄分を多く含むため、焼き上がりが渋くなるのがその証で、温かみのある土味が最大の魅力です。

日本六古窯とは

日本六古窯は、古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの窯(越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前)の総称です。昭和23年頃、古陶磁研究家・小山冨士夫氏により命名され、平成29年「日本遺産」に認定されました。

出典 越前焼工業協同組合

Visiting the Echizen Pottery Village in Fukui, Japan | Experience Fukui

Visiting the Echizen Pottery Village in Fukui, Japan | Experience Fukui

越前焼の魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

飯田憲裕(@norihiroiida)がシェアした投稿

norihiroiida

#草月陶房#SALULAS#花遊び#自作花器#セラミック#福井県#越前焼

 

この投稿をInstagramで見る

 

桝田屋光生(@masudayakousei)がシェアした投稿

masudayakousei
白越前に秋の先駆けを生ける❗

何時もの散歩道
目の前を遮っている
青葉を手で払った、
何か重い手応えが・・・

良く良く見れば
山女(アケビ)の実だった❗
花の方は、ちっさな紫の
可憐な花
じっと、目を凝らさないと
見つけることが
出来ない
この実の方も負けてはいない
決して若くもない私
この時、手で触れなかったら
この、出会いは無かった❗

山女(アケビ)の花も実も
なんと言う
ステルス性能であろうか❗

秋も深まり
松茸も松葉の掛け布団から
顔を出す頃に赤紫に色づき
そしてゼリー状の実は
蕩けるように甘い

そしてその時が来るまで
こうした保護色で

人間も含めた
動物から身を守って
いるのかも知れない
秋の錦秋に染まった
舞台が調うまで‼️

#越前 #越前焼 #陶芸 #陶芸作品
#茶道 #華道 #野の花 #投げ入れ
#Ceramic art #pottery #桝田屋光生

出典 Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

@japan_photo_nowがシェアした投稿

japan_photo_now

#福井県#福井#越前市#越前陶芸村#陶ふうりん

 

この投稿をInstagramで見る

 

扇谷友大(@tomohiloin)がシェアした投稿

tomohiloin
今日は、足の裏の痛みが大分和らいだので陶芸村に風鈴の音を聴きに行ってきた🎐
まともに歩けるようになったので久しぶりのお散歩してお抹茶飲んで充実した1日やった☺️
明日から久しぶりの仕事頑張るぞ❗
#越前陶芸村#風鈴#NIKE#acgエアモック#NIKEエアリフト#抹茶とお茶菓子

出典 Instagram

 

この投稿をInstagramで見る

 

ZAKKA SORAE ✰⋆。:゚・*☽(@zakkasorae0215)がシェアした投稿

#pottery#ceramics#器#マグカップ#武曽健一#陶器

通販でお取り寄せ出来る越前焼陶器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等

武曽健一/花虎窯 印花 マグカップ【コーヒーカップ 越前焼 うつわ 和食器 作家】

“手押しの印花が魅せる多彩な表情”

一見すると、陶器に見えないような色使いに引き寄せられる、花虎窯・武曽健一さんの器。

一度みたら忘れられない、余韻を感じさせる器。決して主張が強いわけではないのに、心に残る個性的な色彩、表情。

陶器といえば、土の温もり溢れる、力強い作品を思い浮かべる方も多いけれど、この器には、それだけじゃないカッコよさが詰まっています。ヴィンテージの味わいを身にまとったような佇まいは、こだわりのインテリアにもしっくり馴染むはず。

丁寧に淹れたコーヒー。晩酌しながら語り合う夜。
大切な人と頂く食事。日々の暮らしの大事な時間を過ごす時に、使いたくなる器。

ひとつひとつ押された印花の表情。
薄くて、軽い。それでいてレンジにも使える機能性。
毎日使い込むことで味わいが深まって、くつろぎのひとときが、もっと楽しくなる器です。

武曽健一(花虎窯)/越前焼(福井県)
福井県坂井市出身。
福井県窯業指導所、越前焼の窯元にて技術を磨き、2012年に独立、花虎窯を開窯されました。花のハンコをひとつづつ手押ししてつくられる印花の器が人気の若手作家。
武曽さんならではの繊細なつくりと独特の色彩は、ぜひ手に取っていただきたいこだわりの器です。

作家:武曽健一(むそけんいち)/花虎窯
アイテム名:印花 マグカップ
カラー:白、黄、茶、灰(ブルーグレー)、青
素材:陶器
サイズ:W約115mm×D約88mm×H約66mm
生産地 :福井県(越前焼)
*レンジ・食洗器対応、オーブン不可

出典 楽天市場

武曽健一/花虎窯 印花 リム皿6寸【越前焼 うつわ 和食器 作家 プレート】

“手押しの印花が魅せる多彩な表情”

一見すると、陶器に見えないような色使いに引き寄せられる、花虎窯・武曽健一さんの器。

一度みたら忘れられない、余韻を感じさせる器。決して主張が強いわけではないのに、心に残る個性的な色彩、表情。

陶器といえば、土の温もり溢れる、力強い作品を思い浮かべる方も多いけれど、この器には、それだけじゃないカッコよさが詰まっています。ヴィンテージの味わいを身にまとったような佇まいは、こだわりのインテリアにもしっくり馴染むはず。

丁寧に淹れたコーヒー。晩酌しながら語り合う夜。
大切な人と頂く食事。日々の暮らしの大事な時間を過ごす時に、使いたくなる器。

ひとつひとつ押された印花の表情。
薄くて、軽い。それでいてレンジにも使える機能性。
毎日使い込むことで味わいが深まって、くつろぎのひとときが、もっと楽しくなる器です。

武曽健一(花虎窯)/越前焼(福井県)
福井県坂井市出身。
福井県窯業指導所、越前焼の窯元にて技術を磨き、2012年に独立、花虎窯を開窯されました。花のハンコをひとつづつ手押ししてつくられる印花の器が人気の若手作家。
武曽さんならではの繊細なつくりと独特の色彩は、ぜひ手に取っていただきたいこだわりの器です。

作家:武曽健一(むそけんいち)/花虎窯
アイテム名:印花 リム皿(6寸)
カラー:白・黄・灰(ブルーグレー)・青
素材:陶器
サイズ:φ約190mm×H約18mm
生産地 :福井県(越前焼)
*レンジ・食洗器対応、オーブン不可

出典 楽天市場

武曽健一/花虎窯 粉引 輪花リム浅鉢【越前焼 うつわ 和食器 作家】

“手押しの印花が魅せる多彩な表情”

一見すると、陶器に見えないような色使いに引き寄せられる、花虎窯・武曽健一さんの器。

一度みたら忘れられない、余韻を感じさせる器。決して主張が強いわけではないのに、心に残る個性的な色彩、表情。

陶器といえば、土の温もり溢れる、力強い作品を思い浮かべる方も多いけれど、この器には、それだけじゃないカッコよさが詰まっています。ヴィンテージの味わいを身にまとったような佇まいは、こだわりのインテリアにもしっくり馴染むはず。

丁寧に淹れたコーヒー。晩酌しながら語り合う夜。
大切な人と頂く食事。日々の暮らしの大事な時間を過ごす時に、使いたくなる器。

ひとつひとつ押された印花の表情。
薄くて、軽い。それでいてレンジにも使える機能性。
毎日使い込むことで味わいが深まって、くつろぎのひとときが、もっと楽しくなる器です。

武曽健一(花虎窯)/越前焼(福井県)
福井県坂井市出身。
福井県窯業指導所、越前焼の窯元にて技術を磨き、2012年に独立、花虎窯を開窯されました。花のハンコをひとつづつ手押ししてつくられる印花の器が人気の若手作家。
武曽さんならではの繊細なつくりと独特の色彩は、ぜひ手に取っていただきたいこだわりの器です。

作家:武曽健一(むそけんいち)/花虎窯
アイテム名:輪花リム浅鉢
素材:陶器
サイズ:φ約170mm×H約37mm
生産地 :福井県(越前焼)
*レンジ・食洗器対応、オーブン不可

出典 楽天市場

BEAMS JAPAN 越前焼工業 * BEAMS JAPAN / 別注 薄作 フリーカップ 大 銘品のススメ キッチン ダイニング ビームス ジャパン 生活雑貨 キッチン/ダイニング

薄作りの越前焼!コレで飲むビールが最高の季節です

強度の高い土を使用した『越前焼』のシンプルながらも美しいフォルムのフリーカップ大。手に取った時の驚くほどの軽さと独特な温かみが特徴です。福井県の地場産業でもある眼鏡の生産でも使われるレーザー加工で底面には<ビームスジャパン>のロゴが施されますので、ご自身用としてはもちろん、大切な方へのギフトとしてもお勧めです。

サイズ 直径 高さ
– 7.3cm 11.6cm

BEAMSJAPAN/ビームスジャパン
伝統、スタンダード、サブカルチャーまで誇れる日本。技術とデザイン力のあるプロダクト、アートや音楽などの文化、日本食や名産の数々、日本人の感性が活きたファッション。そんなモノ、コト、ヒトが一所に。そんな場所があったら日本が楽しくなる、もっと、きっと世界がつながるはず。カルチャーショップとして歩みを進めてきたビームスが日本をみつめ、人の力を束ね、その価値にさらに光をあてる拠点を創りました。

出典 楽天市場

BEAMS JAPAN 越前焼工業 * BEAMS JAPAN / 別注 長方形 ピアス ペア ビームス ジャパン アクセサリー ピアス

繊細な技が光る、越前焼の新しいかたち

板チョコをモチーフにしたような<ビームスジャパン>別注ピアスは、素朴な味わいの「灰釉」とトッピングされたような「雪ちらし」仕上げで、加工技術の高さと楽しさを感じるアイテム。鉄分の多い地元の土を使った越前焼は、高温で焼き締めた赤褐色で強度の高さが特徴です。陶器は火で焼いて作られるというイメージから、女優・創作あーちすと「のん」の作品「火」を表現した特別なパッケージに入っています。女性のライフスタイルを考え、美しく楽しく、豊かにをテーマにアプローチしてデザインされた“美しさのための伝統工芸”は、触れること、使うことで素敵だと感じる仕上がりです。<ふくいとらっど>は、敷居が高いと思われがちの伝統工芸を現代の若い女性が日常的に使いたいと思えるものに、100年後も伝統であるために、アップデートされ魅力と技がひとつになったアイテムです。

FUKUITRADとは
福井県の伝統工芸をもっと身近な存在にするため、7つの伝統工芸がひとつになり立ち上げたプロジェクトです。これまでにない福井の魅力を磨き出し、これからの100年を彩る、日常に根ざした工芸品を開発します。

サイズ 4.3×2.3cm

【商品詳細】
日本製
素材:陶器,真鍮,金メッキ

出典 楽天市場

BEAMS JAPAN 越前焼工業 * BEAMS JAPAN / 別注 ピザ ネックレス ビームス ジャパン アクセサリー ネックレス

食べられませんが、オシャレなピッツァが焼けました

「日本六古窯」のひとつでもある越前焼でつくられたネックレス。高温で焼きしめた赤褐色で強度が高いことが特長で、皿を作るように薄くひいたものをカットして作っています。陶器と革を組み合わせた温かみのある仕上がりです。

サイズ 全長
54cm 4.6cm

【商品詳細】
日本製
素材:陶器 牛革

出典 楽天市場

越前焼 朝顔ぐい呑み ペアセット (2個入) ハンドメイド酒器 純国産 伝統工芸 日本酒

越前焼は、日本六古窯のひとつとして、約850年の歴史があります。
越前の土は、きめが細かく鉄分豊富で、焼くと締まって水漏れしない、という特性があり、古くから水瓶、酒器、花器など、水を扱う焼き物を得意としてきました。

このぐい呑みは、地元越前(福井県)の土を100%使用し、越前焼職人が全て手づくりした、こだわりの酒器です。

釉薬を使わない焼締(やきしめ)なので、土味を直接感じることができ、使うほどに質感や色味が変化していきます。

※全て職人の手づくりのため、サイズや柄がひとつひとつ若干異なります。作品の個性をお楽しみください。

本体サイズ: 7cm × 4cm
数量:2個
生産国:日本製(福井県)

出典 楽天市場

越前焼 土ごころ 片口 冷酒器 (小) ハンドメイド酒器 純国産 伝統工芸 日本酒

越前の土は、きめが細かく鉄分豊富で、焼くと締まって水漏れしない、という特性があります。
その特性を活かして、
・地元越前の土を100%使用
・全て手づくりで薄づくり
・釉薬を使わない、焼締(やきしめ)
こだわって作られているのが、越前焼オリジナルブランド『土ごころ』。

国内の有名焼物産地の中でも、地元の土を100%使用していることは非常に稀で、生産量を抑え、資源を守っています。
手仕事で薄く作るのは非常に難易度が高く、越前焼職人の高い技術で薄づくりができ上がっています。
釉薬を使わない焼締(やきしめ)は、土味を直接感じることができ、使うほどに質感や色味が変化していきます。
『土ごころ』は、使う人によって育てられるのです。

本体サイズ: 8cm × 7.5cm (注ぎ口部含む最大径11cm) 約180ml
生産国:日本製(福井県)

出典 楽天市場

いかがでしたでしょうか?皆さんも素敵な越前焼の器、手に入れてくださいね!ではまた。

日本全国の焼き物

福島県の焼き物 会津本郷焼

栃木県の焼き物 益子焼

茨城県の焼き物 笠間焼

愛知県の焼き物 瀬戸焼

愛知県の焼き物 常滑焼

石川県の焼き物 九谷焼

三重県の焼き物 伊賀焼

岐阜県の焼き物 美濃焼

滋賀県の焼き物 信楽焼

京都府の焼き物 京焼、清水焼

福井県の焼き物 越前焼

兵庫県の焼き物 丹波焼

岡山県の焼き物 備前焼

山口県の焼き物 萩焼

愛媛県の焼き物 砥部焼

佐賀県の焼き物 有田焼

佐賀県の焼き物 伊万里焼

佐賀県の焼き物 唐津焼

長崎県の焼き物 波佐見焼

鹿児島県の焼き物 薩摩焼

沖縄県の焼き物 やちむん

Red Doorsが運営するサイト

スイーツ、グルメ等の情報が満載!開け、赤門!

日本の食を探る!日本の食卓

日本酒、地ビールなどをご紹介します。Red Doors Japan

素敵なファッションやインテリア、グッズをご紹介します。Red Doors Gallery

タイトルとURLをコピーしました