「せともの」のルーツ! 愛知県瀬戸市の焼き物瀬戸焼 通販で購入出来る瀬戸焼陶器磁器のモダンでお洒落な器 食器 皿 雑貨達

日本六古窯の一つ、愛知県瀬戸市の焼き物、瀬戸焼。通販でお取り寄せ出来る人気の瀬戸焼陶器、磁器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等をご紹介します。

瀬戸焼の歴史、特徴

約1,000年前から一度も途切れずやきものの生産を続けてきた、世界的にも稀有な産地。日本で陶器一般を指す「せともの」という言葉は、長い歴史のなかで、やきものづくりを牽引してきた瀬戸焼からきています。瀬戸焼の起源は、5世紀後半に現在の名古屋市・東山丘陵周辺で、須恵器の生産を行っていた猿投窯(さなげよう)。丘陵地帯には瀬戸層群と呼ばれる地層があり、やきものの原料となる良質の木節粘土・蛙目粘土や、ガラスの原料となる珪砂を採取することができました。山間地帯には、松などの樹林が広がっており、瀬戸の恵まれた自然が窯業発展の大きな支えとなってきたのです。12世紀終わりには古瀬戸の生産がはじまり、当時国内唯一の施釉陶器生産地として、四耳壺、瓶子、水注がつくられました。19世紀に入ると磁器の生産もはじまり、アメリカへの輸出や万国博覧会への出品など、海外との交流が盛んに。また、それによって染付けの顔料となる酸化コバルトや石膏型による成形法など西洋の技術が取り入れられました。現在も時代の変化とともに移り変わっていく生活様式に対応して、食器やノベルティ、陶歯、自動車の部品など、多種多様な製品を生み出し続けています。

「せともの」の愛称で人々に親しまれてきた瀬戸焼。陶器、磁器などさまざまなスタイルを持つ瀬戸焼では陶器の生産を本業焼、磁器の生産を新製焼と区別して読んでいます。伝統美の中に創意工夫をしたモダンな新作も豊富に生み出されています。千年余の歴史を持つ瀬戸焼は、多彩な釉薬(ゆうやく)による装飾が特徴の一つです。焼成時における釉薬の変化は、瀬戸焼それぞれの個性を生み出していきます。

日本六古窯は、古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの窯(越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波・備前)の総称です。昭和23年頃、古陶磁研究家・小山冨士夫氏により命名され、平成29年「日本遺産」に認定されました。

出典 Six ancient kilns公式サイト

Setoyaki Style

Setoyaki Style[フルバージョン]

瀬戸焼の魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

TINY LOUNGE GALLERY(@tinyloungegallery)がシェアした投稿

#ceramics#pottery#tableware#handmade#madeinjapan#陶器#瀬戸焼#瀬戸物#小春花窯

 

この投稿をInstagramで見る

 

tabitote.com(@tabitote)がシェアした投稿

#瀬戸焼 #麦藁手 #二色十草 #小春花窯

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIGRATORY / ミグラトリー(@migratory.jp)がシェアした投稿

#工房小春花 #小春花窯 #瀬戸焼 #麦藁手 #器 #丼 #飯碗 #茶碗 #丸鉢 #5寸皿 #千代口 #そば猪口

通販でお取り寄せ出来る瀬戸焼陶器、磁器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等

瀬戸 麦藁手 大平鉢 橙(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸 麦藁手 大平鉢
サイズ φ215 X H50
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 7寸ほどでカレーやパスタなどにもぴったり。
深さ、広さが程よく抜群に使いやすい皿です。
柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 そば猪口 橙(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 そば猪口 橙
サイズ 約φ85 X H65mm
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 瀬戸、小春花窯の麦藁手シリーズ。
柔らかな雰囲気の麦藁手とやや直線的なそば猪口の形がうまく合っています。
お蕎麦に焼酎に、あるいはぜんざいなどの盛りつけに。

柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 六寸皿 橙(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 六寸皿 橙
サイズ 約φ180 X H25mm
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 瀬戸、小春花窯の麦藁手シリーズ。
基本の6寸サイズ。
平ですので、デザートなどにも使えます。
一人分のおかず、ちょっとしたおかずの盛りつけにどうぞ。

柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 大平鉢 青 (瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 大平鉢 青
サイズ φ215 X H50
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 7寸ほどでカレーやパスタなどにもぴったり。
深さ、広さが程よく抜群に使いやすい皿です。
柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた麦藁手のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 六寸皿 青(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 六寸皿 青
サイズ 約φ180 X H25mm
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 瀬戸、小春花窯の麦藁手シリーズ。
基本の6寸サイズ。
平ですので、デザートなどにも使えます。
一人分のおかず、ちょっとしたおかずの盛りつけにどうぞ。

柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸 麦藁手 中平鉢 青(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 中平鉢 青
サイズ φ145 X H45
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 瀬戸、小春花窯の麦藁手シリーズ。
煮物や漬け物、ちょっとした汁物を盛りつけるのに丁度良い平鉢。

柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸 二色十草 三寸丸皿(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸 二色十草 三寸丸皿
サイズ φ100 X H20
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 二色十草 三寸丸皿 青

品名 瀬戸焼 小春花窯 二色十草 三寸丸皿 青
サイズ φ100 X H20
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 二色十草 丸湯呑 青

品名 瀬戸焼 小春花窯 二色十草 丸湯呑 青
サイズ φ80X H80
産地 日本(瀬戸)
素材 土物

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯の加藤さん。 瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。この麦藁手もその一つです。近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。 かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると加藤さんは言います。「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」 麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸 二色十草 丸湯呑(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸 二色十草 丸湯呑
サイズ φ80X H80
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸 二色十草 反中平(お茶碗・瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸 二色十草 反中平
サイズ φ120 X H60
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 独特の反り、カーブがとても美しい湯呑み。
柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 二色十草 三寸千代口 青

品名 瀬戸 二色十草 反中平
サイズ φ120 X H60
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明     独特の反り、カーブがとても美しい湯呑み。
柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 二色十草 反中平 青

品名 瀬戸焼 小春花窯 二色十草 反中平 青
サイズ φ120 X H60
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 独特の反り、カーブがとても美しい湯呑み。
柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 丼 青(瀬戸焼・小春花窯)

品名 瀬戸焼 小春花窯 麦藁手 丼 青
サイズ φ130 X H80mm
産地 日本(瀬戸)
素材 土物
商品説明 瀬戸、小春花窯の麦藁手シリーズ。
丸っこいフォルムがなんとも言えず可愛らしく、麦藁手の優しい雰囲気に良く似合っています。
色々な丼に似合います。

柄物の中でも最もベーシックと言えるボーダー(立縞)模様が描かれた二色十草のシリーズです。
身の回りに何気なく生えている野草の穂を、筆のラインで表しただけのシンプルな柄ですが、飾り気の無い自然な意匠は古典的でもありモダンにも見えます。
優しい発色をする手触りの良い素朴な土の質感と合わさって、器に盛られた食材を優しく包んでくれています。
土物の器は硬質さに欠けますが、優しく暖かみのある自然な風合を持っています。
身の回りには固くて丈夫な物がたくさんありますが、時には柔らかみのある物を使ってみて下さい。
きっと心がほぐれると思います。

作り手について

陶器と言えばだれもが思い浮かべる言葉「瀬戸物」。
この陶器そのものの様な瀬戸の街で江戸の時代からの窯元を引き継いでおられるのが小春花窯
瀬戸は古くから庶民的な生活雑器の生産を担ってきたため、日用品としての器の中にもすぐれた器がたくさんあります。
この麦藁手もその一つです。
近所の裏山に出かけて行き、自ら採土してきた特別に鉄分の多い泥漿を使って描かれた独特な縞模様が、麦の穂を想起させることからムギワラテと名付けられたそうです。
かつては柳宗悦氏によって、すぐれた古民芸の一つとして賞賛された瀬戸品野の麦藁手ですが、時代の流れの中でその素晴らしい価値も技術もすたれてしまっていると言います。
「私達の作っている器は日用的に消費されていかないことには継続できないんです。」と作り手。
麦藁手は採土してくる土の枯渇や需要の減少によって今ではほとんど生産されていません。

出典 楽天市場

いかがでしたでしょうか?皆さんも素敵な瀬戸焼の器、手に入れてくださいね!

日本全国の焼き物

福島県の焼き物 会津本郷焼

栃木県の焼き物 益子焼

茨城県の焼き物 笠間焼

愛知県の焼き物 瀬戸焼

愛知県の焼き物 常滑焼

石川県の焼き物 九谷焼

三重県の焼き物 伊賀焼

岐阜県の焼き物 美濃焼

滋賀県の焼き物 信楽焼

京都府の焼き物 京焼、清水焼

福井県の焼き物 越前焼

兵庫県の焼き物 丹波焼

岡山県の焼き物 備前焼

山口県の焼き物 萩焼

愛媛県の焼き物 砥部焼

佐賀県の焼き物 有田焼

佐賀県の焼き物 伊万里焼

佐賀県の焼き物 唐津焼

長崎県の焼き物 波佐見焼

鹿児島県の焼き物 薩摩焼

沖縄県の焼き物 やちむん

Red Doorsが運営するサイト

スイーツ、グルメ等の情報が満載!開け、赤門!

日本の食を探る!日本の食卓

日本酒、地ビールなどをご紹介します。Red Doors Japan

素敵なファッションやインテリア、グッズをご紹介します。Red Doors Gallery

タイトルとURLをコピーしました