こんな商店街のある街に住みたいな!スタイリスト、バイヤー、キュレーター、ミュージシャンでもある著者が理想とするネット上の仮想商店街「赤門商店街」素敵な商品をご用意して皆様のご来店お待ちしております!口コミも!

赤門商店街 by Red Doors




赤門商店街 赤門雑貨店 日用品、雑貨 焼き物、陶器、磁器、陶芸

波佐見焼の食器 皿 茶碗 カップ ボウル.. モダンデザインで人気 通販でお取り寄せ おすすめの波佐見焼磁器

更新日:

目次

波佐見焼 長崎県波佐見町の磁器の魅力

波佐見焼とは?波佐見焼の歴史

高価な磁器を庶民の日用食器にするために簡単な草花文などの絵付を施した磁器「くらわんか碗」、それまでワインの瓶で代用していた酒や醤油の輸出用の瓶を大量の輸出に対応するため簡素な染付白磁を用いた徳利型の瓶「コンプラ瓶」、給食事業に使用される強化磁器「ワレニッカ」(割れにくいの方言、われにくか~の意)「ハサミスクールウェア」。日本有数の窯業の盛んな地、長崎県波佐見町。この地で約400年前の江戸時代につくられはじめた磁器は、当時から日本各地はもとより、長崎港を経てヨーロッパへも出荷されていました。早くから量産体制が整えられたため、日用の食器としての確かな質と価格を実現したことが知られています。現在では北欧風、モダンデザインの食器が若い人達に人気で大いに盛り上がる波佐見焼をご紹介します。

美しい波佐見焼と波佐見焼の使い方

波佐見焼 中鉢

 

この投稿をInstagramで見る

 

mariko yoshimuraさん(@goryo0115)がシェアした投稿

波佐見焼と休日の朝ごはん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kayoさん(@greengreen47)がシェアした投稿

波佐見焼と今日のおかず

 

この投稿をInstagramで見る

 

あけ。’19さん(@akemi_x_chocolate)がシェアした投稿

波佐見焼と今日の朝ごはん

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kyoko_oggiがシェアした投稿

波佐見焼と今日のおやつ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ユウコ☺️さん(@uk_yk_)がシェアした投稿

波佐見焼のマグカップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

zakkarealさん(@zakkareal)がシェアした投稿

モダンデザインの波佐見焼 ハサミポーセリン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lolさん(@lol_kumagaya)がシェアした投稿

翔芳窯 波佐見焼ローズマリーシリーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

梅森陶器店さん(@umeto_ki)がシェアした投稿

通販でお取り寄せ出来る波佐見焼の食器、器、ボウル、大皿、小皿、取り皿、鉢、小鉢、茶碗、マグカップ、ティーカップ、コーヒーカップ、ポット、花器、雑貨

HASAMI ハサミ シーズン1 ブロックマグ

波佐見焼 瑞幸窯 しのぎ 茶碗ご飯茶碗 飯碗 小鉢 和食器

【波佐見焼】【カフェシリーズ】【ローマグカップ】 コーヒーマグ はさみ焼 コーヒーカップ 和食器 おしゃれ カフェ風 モダン シンプル 和風 和モダン

波佐見焼 小鉢 翔芳窯 藍の器 丸小鉢 14cm | 食器 取鉢 手描き 北欧柄 日本製

波佐見焼 小鉢 翔芳窯 藍の器 丸小鉢 14cm | 食器 取鉢 手描き 北欧柄 日本製

普段使いの食器を長年作り続けている波佐見焼ならではの見た目&使いやすさが盛り込まれた素敵な器です。
煮物やサラダなど一人分の副菜を盛り付けたり、鍋料理の取皿としてお使いいただけます。

波佐見焼 hasami porcelain
波佐見焼-約400年の歴史があり、有田焼としても流通し、江戸時代以降、日常使いの食器にフォーカスしてきたモノ作りは、 伝統に裏打ちされた確かな技術が息づいています。

翔芳窯
波佐見焼の中でも手描きのアイテムが人気の窯元です。一点一点に細やかにかつ大胆に描かれる柄は、おしゃれで上品な雰囲気です。
デザイン+使いやすさにもこだわりを持って作られた器は幅広い年代の方から支持されています。

【波佐見焼 プレート】翔芳窯 ローズマリー17.5cm リムプレートリム皿

【波佐見焼 ボウル】翔芳窯 ローズマリー17.5cm リムボウル深皿 鉢

【波佐見焼 マグカップ】翔芳窯 ローズマリー

フラワーパレード 大皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 大皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

人気の波佐見焼のプレートの中でも大人気のアイテムです。

まずは見ただけで楽しい柄。3色ご用意しておりますが、どれも華やかで躍動感にあふれています。22.5cmと、大きく使いやすいのが特徴です。この大皿は、大きいのに大きすぎず、縁に少しの「反り」もありますので、使う用途が無限に広がっていきます。フードをのせる、使う面積がとても広いのでワンプレートにもちょうどよく、おにぎり&から揚げ、トースト&スクランブルエッグ、中華の盛り合わせなどこれが一枚あれば毎日の食卓を華やかなものにしてくれること間違いなしです。

波佐見焼 フラワーパレード(青) 盛皿

フラワーパレード 大皿・グレー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 大皿・グレー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 取り皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 取り皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 取り皿・グレー 波佐見焼

フラワーパレード 取り皿・グレー 波佐見焼

にぎやかなお花たちがとても楽しい、「フラワーパレード」。人気の波佐見焼のプレートの中でも大人気のアイテムです。

取り皿として最適サイズと大きさですが、少し「反り」がありますのでこれまた使いやすさがバッチリ。パンもご飯も麺にも対応してくれるので食品のジャンルを超えて大活躍、オシャレでたのもしい取り皿です。重なりがとてもよく、食器棚への収まりなどもグッド。このアイテムで毎日の食卓をより楽しくさせてください。焼き物のふるさと、ここ波佐見町から直接お届けするので、産地直送、安心安全です。

フラワーパレード 取り皿・ブルー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 取り皿・ブルー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 長焼皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 長焼皿・ホワイト 波佐見焼 HASAMIYAKI

この長焼皿は、タテ15cm×ヨコ24cmの、ちょうどよいサイズが特徴です。長方形のお皿は意外とオシャレなのが少ないので、これはとても重宝するお皿です。焼魚に最適ですが、少し「反り」がありますので煮魚や焼きそばなどもバッチリです。もちろんハンバーガー&ポテト、おにぎり&ちょっとおかず、イカフリット、春巻きものせてみたいですね。食品のジャンルを超えて大活躍、オシャレでたのもしい長焼皿です。重なりがとてもよく、食器棚への収まりなどもグッド。このアイテムで毎日の食卓をより楽しくさせてください。

フラワーパレード 長焼皿・ブルー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 長焼皿・ブルー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 長焼皿・グレー 波佐見焼 HASAMIYAKI

フラワーパレード 長焼皿・グレー 波佐見焼 HASAMIYAKI

【波佐見焼 半磁器】ハサミポーセリン ボウル HPB008(SIZE:φ14.5cm ブラック)【食器 シンプル HASAMIPORCELAIN Bowl black 洋食器 ギフト 長崎県】

【波佐見焼 半磁器】ハサミポーセリン プレート HP005(SIZE:φ25.5cm ナチュラル)【食器 シンプル HASAMIPORCELAIN Plate 皿 natural 洋食器 ギフト 長崎県】

【波佐見焼 半磁器】ハサミポーセリン マグカップ HPB019(size:S ブラック)【食器 HASAMIPORCELAIN MugCup black 洋食器 ギフト 長崎県】

動画で見る、波佐見焼

赤門雑貨店の取り扱い商品

赤門雑貨店の取り扱い商品はこちら

赤門商店街へようこそ

みなさんこんにちは、AKMテレビの人気番組「純ちゃんのシャッター通り散歩」、高山 純一と申します。

前回に引き続きまして今回も栃木県赤門町に来ています。ご覧の通り人っ子一人いないシャッター商店街、今日も期待出来そうですねえ!どんな出会いがあるんでしょうか。早速歩いてみたいと思います。

いやあ、やっぱり何もありませんねえ、みんなシャッターが閉まっています。あっ、あそこに開いているお店がありますね、看板に赤門雑貨店と書いてあります。どんな雑貨を扱っているんでしょうか、行ってみましょう。

「おじゃまします。私、テレビの、純ちゃんのシャッター通り散歩で来た、長谷川義太郎というものなんですが、ちょっとお話いいですか?お礼はたっぷりはずみます」

「あっ、高山さん、うちにもきちゃったんですね、いやだあ、先ほどはお買い上げありがとうございました」

「あれれ、先ほどのアートギャラリーにいたお嬢ちゃん、赤門 久美子さんでしたか?あのぬいぐるみにはまいったなあ。こちらもお嬢ちゃんのお店なんですか?やり手だなあ」

「若いころ渋谷にあった文化屋雑貨店が大好きで、いつか雑貨屋さんをやるのが夢だったんです」

「ところでこちらはどういった雑貨を扱っていらっしゃるんですか?」

「はい、うちのお客様はほとんどが農家の方ですから、日用雑貨の中でも特に焼き物などの食器類を多く扱っています」

「焼き物、いいですねえ、私も好きで全国の焼き物集めているんですよ。見ると欲しくなっちゃいそうだなあ、ちょっと見せてください」

「どうぞ」

「このお皿いいなあ、波佐見焼ですか、さすが長崎県の磁器、北欧風でモダン。おしゃれだねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらのお皿のほうがおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、いや、まあ、そうだねえ」

「このお茶碗もいいなあ、備前焼ですかあ、さすがですねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらのお茶碗の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、いや、まあねえ」

「こちらの湯飲みいいなあ、丹波焼ですかあ、やっぱりいいねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらの湯飲みの方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、うん、まあねえ」

「こちらの花器きれいだねえ、京焼ですか、雅だねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらの花器の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、うん、たしかにねえ」

「このお猪口で酒を飲んでみたいねえ、越前焼ですか、日本の焼き物はやっぱり日本六古窯がいいねえ」

「何をおっしゃいますやら高山さん、こちらのお猪口の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「えっ、まあ、そうかもしれないねえ」

「よし、仕方ない、決めた!買っちゃおう、これ全部ください。おいくらですか?」

「30万円」

「えっ?3000円?」

「30万円、現金で」

「何しろ栃木県の益子焼ですから」

冷や汗をかきながらも芸能人としてのプライドから30万円を支払った高山、こちらの雑貨屋さん、全世界の素敵な雑貨を取り扱っていながら、それは見せるだけ、栃木県で作られた商品しか売ってくれない、地元愛の強すぎる頑固な店だったのです。

「あのー、こちらのお客さんは農家の方が多いと伺いましたが、こんなお高い益子焼、農家の方は買っていかれるんですか?」

その時、高山の目の前に音もなく突然現れた老人、赤門 重蔵

「おーっと、びっくりしたなあ!またまたさっきの靴屋のおじいちゃんじゃないですか」

「田舎者をなめちゃいかんの、農家は金を持っとる。金は墓場には持っていけないからのお、それに、地元を愛せん奴はろくな死に方をせんと決まっておるんじゃ。ほおっ、ほっ、ほ」

このお話はフィクションです。

赤門商店街ってどんな商店街なの?「怪しくて人情味があって面白い!」「わかっているねえ、こう来たかあ!」「やっぱりちょっと危ないねえ」「赤門商店街ヤバい!」「・・さんえらいもの買わされたらしいよ!」そんな口コミが伝わってまいります。でも皆さん最後に一言「赤門商店街サイコー!こんな商店街、あったらいいなあ!」★★★★★星5つ、いただいております!
それでは赤門商店街にまつわるこちらのお話、みなさまどうぞお楽しみくださいませ!
Episode 1 赤門靴店
Episode 2 赤門鞄店
Episode 3 赤門洋品店
Episode 4 重蔵カフェ
Episode 5 赤門楽器店
Episode 6 ギャラリー赤門
Episode 7 赤門家具店
Episode 8 赤門自動車
Episode 9 赤門雑貨店
Episode 10 赤門電気店
Episode 11 赤門重蔵商店

広告




-赤門商店街, 赤門雑貨店, 日用品、雑貨, 焼き物、陶器、磁器、陶芸

Copyright© 赤門商店街 by Red Doors , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.