東北最古の窯場 福島県会津本郷の焼き物 会津本郷焼の特徴と魅力 通販で購入出来るモダンな会津本郷焼陶器磁器 食器

目次

東北最古の窯場、福島県会津美里町の焼き物、会津本郷焼。通販でお取り寄せ出来る人気の会津本郷焼陶器、磁器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等をご紹介します。

会津本郷焼の歴史、特徴

福島県会津美里町は個性豊かな陶器と磁器を作り続ける東北最古の窯業の里で、地元の土で作られる製品は伝統的な絵柄から現代的なデザインまで多彩です。窯元ごとに代々伝わるスタイルを踏襲して、絵付けにも個々の絵柄や色合いが反映されています。会津本郷焼独特の釉薬「飴釉」を使った、ニシンの山椒漬け用の鰊鉢が有名。

東北最古の焼き物の秘境、会津本郷。 多様な創り手の、一貫した想い。

会津本郷、瀬戸町。昭和の町並みが残るメインストリート、瀬戸町通りから分かれる細い道々に、13の窯元が点在しています。立ち並ぶ民家に溶け込んでいる窯元。訪れる人は、窯であることに気付かずに通り過ぎては笑いながら後戻り。時間と空間を行き来するような、迷路のような会津本郷焼の窯元巡りを楽しんでいます。

会津本郷焼。東北最古で、全盛期は100を超える窯元があった焼き物の産地としては、あまりに知名度が低いかもしれません。会津という肥沃な盆地にあったために、地域内での需要で十分だったことと、自らの作品を売り込むことを避ける会津人気質が、会津本郷を焼き物の秘境とならしめたのでしょう。

そんな知る人ぞ知る会津本郷焼の面白さは、13の窯元それぞれの個性の豊かさ。陶器と磁器が同時に作られること自体、産地としては珍しいものですが、さらに、本郷焼と総称してよいものか迷ってしまうくらい、作風も、方向性も、考え方も多種多様なのです。しかし今、それぞれの窯元が、会津本郷焼という稀有な産地を残すべく、ともに手を取り合っています。

東北最古の窯場といわれる会津本郷焼の発祥は、1593年。会津若松城主・蒲生氏郷がお城の改修のために播磨国(兵庫県)から瓦工を招き、瓦を焼かせたのが始まりといわれています。はるか400年以上も前、安土桃山時代のことでした。
実際に本郷の地でやきものが焼かれ始めたのは、1645年。会津藩主・保科正之が招いた美濃国瀬戸出身の陶工・水野源左衛門が本郷村に原土を発見し、本格的に陶器製造を始めました。これが会津本郷焼の、陶器の起源です。
一方、磁器は、1800年までその登場を待ちます。本郷村で発見された大久保陶石で磁器を作ろうとした藩は、佐藤伊兵衛を有田に潜入させます。命がけで技術を習得した伊兵衛の帰国後、藩は備前式登窯を築きました。
会津藩は本郷に奉行所を置き、藩の産業として力を入れておりましたが、奉行所の廃止により職人たちに残土、工具が分け与えられ、職人たちはそれぞれの窯を築き、焼き物を作り始めました。それが窯元の始まりです。

会津本郷焼には、瓦焼の流れをくむ土物(陶器)と、大久保陶石を原料とした石物(磁器)があります。石を原料とした焼き物の産地としては、関東以北唯一です。会津本郷焼の全盛期には、大小合わせて100以上の窯元がありました。本郷の上り窯から煙が立ち上らぬ日はなかったといわれています。急須、土瓶、目皿、花器が有名ですが、特に急須については、明治末期に本郷の陶工が茶こしの部分を発明し、急須の出がよいことで日本一の折紙付になりました。
毎年9月16日、会津本郷では陶祖祭を行い、陶祖・水野源左衛門、磁祖・佐藤伊兵衛の2人をしのびます。命がけで守り継がれた本郷の陶器と磁器。陶祖祭にもその価値がうかがわれます。

出典 会津本郷焼事業協同組合

【会津本郷焼】継承されていく伝統と歴史 /【Aizu Hongouyaki】The tradition and history that are passed down for generations

【会津本郷焼】継承されていく伝統と歴史 /【Aizu Hongouyaki】The tradition and history that are passed down for generations

会津本郷焼の魅力

 

この投稿をInstagramで見る

 

樹ノ音工房(@kinootokoubou)がシェアした投稿

#樹ノ音工房 #キノオトコウボウ #樹の音工房 #きのおとこうぼう #会津本郷焼 #本郷焼 #会津本郷焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

樹ノ音工房(@kinootokoubou)がシェアした投稿

#樹ノ音工房 #キノオトコウボウ #樹の音工房 #きのおとこうぼう #会津本郷焼 #本郷焼 #会津本郷焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

樹ノ音工房(@kinootokoubou)がシェアした投稿

#樹ノ音工房 #キノオトコウボウ #樹の音工房 #きのおとこうぼう #会津本郷焼 #本郷焼 #会津本郷焼き #会津美里の日々

 

この投稿をInstagramで見る

 

うつわと雑貨アンジュール(@unjoursayaka)がシェアした投稿

#樹ノ音工房 #スープボウル #しのぎ

通販でお取り寄せ出来る会津本郷焼陶器、磁器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等

生涯を添い遂げるマグ 会津本郷焼 レギュラー グレー 生涯補償付き マグカップ ギフト プレゼント / ワイヤードビーンズ 日本製 グッドデザイン賞

「生涯を添い遂げるマグ 会津本郷焼」は、高温の窯の中で熔けて流れた「流し釉(ながしゆう)」が特徴であり、「生涯を添い遂げるマグ」のシンプルで機能的な形状に種々様々な紋様を描き、ひとつひとつに豊かな個性があります。

会津本郷焼(あいづほんごうやき)とは

会津本郷焼は、福島県の会津美里町周辺で生産される陶器及び陶磁器のことを指します。今から約420年前に領主蒲生氏卿が播磨国から瓦工を呼んで鶴ヶ城の改築の際に瓦を焼かせたのが始まったと伝えられています。その後、茶道が盛んになり会津美里町周辺に多くの窯元が誕生します。

流紋焼(福島県大沼郡会津美里町)

流紋焼(りゅうもんやき)では「”土のもつ自然の心”をできる限り失わずに」との願いを込めて創っています。特に流しぐすり釉に意をそそぎ、千数百度に熱せられた窯の中でうわぐすり釉が熔けて流れ、種々様々な紋様を描きます。それは、自然の事物に似て一つとして同じものはありません。一つ一つに豊かな個性があります。

製品仕様
種類/会津本郷焼-陶磁器
サイズ/レギュラー
口径:91mm 高さ:74mm(取手含まず)
容量:約240ml(8oz)
重さ:250g前後

出典 楽天市場

【会津 本郷焼】流紋焼 飯碗(小) 青

本郷で最も大きな窯元 流紋焼

創業は明治33年。
もともと電子事業に不可欠な碍子を作る会社だった流紋焼。
碍子の製造で使っていた赤・青・茶色などの釉薬の技術を活かし、戦後「美術陶芸器部」を設立、流れるような釉薬が開発されました。
「土の持つ自然の心を出来る限り失わないように」と語るのは、作り手であり代表取締役の弓田修司さん。
これを流紋焼と命名し現在に至っています。

流紋焼の特徴“流し釉”
流紋焼の特徴は、色とりどりの釉薬を使った「流し釉」にあります。
1250度の窯の中で釉薬が熔けて流れ様々な文様を描きます。
それは自然界同様ひとつとして同じものはなく、一つ一つに豊かな個性が生まれるのです。

400年以上続く東北最古の焼き物
会津本郷焼の起こりは古く、文禄二年(1593年)に城主蒲生氏郷が会津藩主になってからで、若松城の大改修を行うに当たて、城郭の屋根を瓦葺きとするため播磨国(兵庫)から瓦工を招き、黒瓦を製造したのが始まりとされています。
伝統的工芸品産地 指定
平成5年、この実績と伝承が認められ、会津本郷焼は陶器・磁器ともに伝統的工芸品産地として、窯元も陶芸家も伝統工芸士として、通商産業省(現在の経済産業省)より指定を受ける。
現在、本郷地区に残る窯元は13ヶ所。
東日本大震災後で言うと、東北市の現存数となります。
素朴な美しさと使い勝手の良い陶器、純白に優雅な文様の磁器といわれる本郷焼の伝統は、時代時代の陶工たちの手により、細かくも脈々と受け継がれている。

流紋焼 完成までの工程
会津本郷焼の自慢は、豊富な陶石です。
会津の大地から生まれたその良質な陶石をブレーカーで粉末にします。

陶石とその他の原料を調合してトロンミルに入れ泥にします。

泥を脱水してよく土練りし、粘土を作ります。

ろくろを回したり、型に泥を流し込んで形を作ります。このろくろ仕上げが職人芸です。

乾燥された半完成品を水洗いし、底にロウを塗り、釉薬がつかないようにします。
(釉はもみ殻やわら灰、酸化金属などを使用します。)

焼成温度1300度の窯の中で焼き上げます。焼成時間は25時間。

出典 楽天市場

【会津 本郷焼】流紋焼 徳利とぐいのみ 3個セット

本郷で最も大きな窯元 流紋焼

創業は明治33年。
もともと電子事業に不可欠な碍子を作る会社だった流紋焼。
碍子の製造で使っていた赤・青・茶色などの釉薬の技術を活かし、戦後「美術陶芸器部」を設立、流れるような釉薬が開発されました。
「土の持つ自然の心を出来る限り失わないように」と語るのは、作り手であり代表取締役の弓田修司さん。
これを流紋焼と命名し現在に至っています。

流紋焼の特徴“流し釉”
流紋焼の特徴は、色とりどりの釉薬を使った「流し釉」にあります。
1250度の窯の中で釉薬が熔けて流れ様々な文様を描きます。
それは自然界同様ひとつとして同じものはなく、一つ一つに豊かな個性が生まれるのです。

400年以上続く東北最古の焼き物
会津本郷焼の起こりは古く、文禄二年(1593年)に城主蒲生氏郷が会津藩主になってからで、若松城の大改修を行うに当たて、城郭の屋根を瓦葺きとするため播磨国(兵庫)から瓦工を招き、黒瓦を製造したのが始まりとされています。

伝統的工芸品産地 指定
平成5年、この実績と伝承が認められ、会津本郷焼は陶器・磁器ともに伝統的工芸品産地として、窯元も陶芸家も伝統工芸士として、通商産業省(現在の経済産業省)より指定を受ける。
現在、本郷地区に残る窯元は13ヶ所。
東日本大震災後で言うと、東北市の現存数となります。
素朴な美しさと使い勝手の良い陶器、純白に優雅な文様の磁器といわれる本郷焼の伝統は、時代時代の陶工たちの手により、細かくも脈々と受け継がれている。

流紋焼 完成までの工程
会津本郷焼の自慢は、豊富な陶石です。
会津の大地から生まれたその良質な陶石をブレーカーで粉末にします。

陶石とその他の原料を調合してトロンミルに入れ泥にします。

泥を脱水してよく土練りし、粘土を作ります。

ろくろを回したり、型に泥を流し込んで形を作ります。このろくろ仕上げが職人芸です。

乾燥された半完成品を水洗いし、底にロウを塗り、釉薬がつかないようにします。
(釉はもみ殻やわら灰、酸化金属などを使用します。)

焼成温度1300度の窯の中で焼き上げます。焼成時間は25時間。

【商品詳細】
商品名:徳利とぐいのみ3個セット
カラー:黒
個数:徳利1個、ぐいのみ3個
徳利の大きさ(cm):径9.2×12.5
盃の大きさ(cm):径6×3.5

出典 楽天市場

【樹ノ音工房】本郷焼 フリーマグカップ 白 太鎬

2001年、会津本郷焼の窯元である父から独立した佐藤大樹・朱音夫妻。
窯名は二人の文字をとり、「樹ノ音工房」と名付けられました。
そして、会津本郷焼をもっと身近に感じてほしい、もっと気軽に使ってほしいという想いから、2009年にはカフェもオープン。
若い感性の二人の開窯で、会津本郷焼のファンが若者層に一気に広がりました。

瀬戸町通りから小道に入って少し歩いたところに、樹ノ音工房が佇んでいます。
古民家を改装した、どこか懐かしい雰囲気が漂う工房。
その雰囲気とミスマッチといえる機械的な書体の看板が、伝統に一石を投じようとする心意気を伝えています。
作業場の隣には、木を基調にした温かみのあるインテリアの、直営ショップが。
オシャレな照明の下に、シンプルでモダンな食器が並んでいます。
樹ノ音工房の特徴の一つは、カンナで彫った縦縞の模様の「しのぎ」と呼ばれる技法。
ストライプの線の美しさと、手彫りの柔らかさがしのぎの魅力です。

年を重ね、変わってゆく作風。
二人のこれからの作品と、本郷焼の将来が楽しみです。

【商品詳細】
サイズ:約)直径10cm(持ち手3cm)×高さ7cm 重量:200g
レッド、イエロー、ブルー、グリーン、スカイの5個セットです。
素材:陶器

出典 楽天市場

本郷焼 スープボウル -しのぎ-

手でそぎ落とした有機的な凹凸の稜線には素地の赤い土が見え隠れ。繊細さの中に力強い土の荒さが共存する独特の質感。

へらで削ぎ落とした稜線が鎬の魅力。手触り感もgood。ちょこんと取っ手をつけて、スープにサラダに、シリアルに…万能ボウルとして毎日大活躍です。

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。 なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

サイズ φ140(取っ手まで170) / H60mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 スープボウル -白花-

口縁から滴る淡いベージュや、うっすらと感じる素地の土の色。白以外のあらゆる味を感じさせる深みのある白。

独特な質感と表情を持つ、ころんとした白マット。ちょこんと取っ手をつけて、スープにサラダに、シリアルに…万能ボウルとして毎日大活躍です。

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。 なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

サイズ φ140(取っ手まで170) / H60mm
素材 陶器

出典 楽天市場

+本郷焼・キャンディーカラーシリーズ スープボウル

さかさまに置くとまるで富士山? それともキスチョコのよう。 使い勝手のよい切立鉢です。 ちょっとした煮物やおひたしなどにとっても便利。

本郷焼のスープボウル
サイズ φ143(取っ手まで165)/H62mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 カップ&ソーサー しのぎ

本郷焼 カップ&ソーサー
サイズ φ105(取っ手まで135) / H65mm
ソーサー:φ150 / H25mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 カップ -しのぎ-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ80(取っ手まで105) / H90mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 カップ -白花-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ80(取っ手まで105) / H90mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 カップ -白黒(下黒)-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ80(取っ手まで105) / H90mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 カップ -鉄錆(てつさび)-

本郷焼 カップ
サイズ φ80(取っ手まで105) / H90mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 ハーフカップ -しのぎ-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ75(取っ手まで105) / H65mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 ハーフカップ -白花-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ75(取っ手まで105) / H65mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 ハーフカップ -白黒(下黒)-

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。

さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼 カップ
サイズ φ75(取っ手まで105) / H65mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 ハーフカップ -鉄錆-

本郷焼 カップ
サイズ φ75(取っ手まで105) / H65mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 たっぷり湯のみ -しのぎ-

本郷焼きの香り引き立つたっぷり湯のみ。へらで削ぎ落とした稜線が鎬の魅力。手触り感もgood。

本郷焼き本郷焼 たっぷり湯のみ
サイズ φ100 / H72mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 たっぷり湯のみ -白花-

本郷焼きの香り引き立つたっぷり湯のみ。独特な質感と表情を持つ、ころんとした白マット。

本郷焼き本郷焼 たっぷり湯のみ
サイズ φ100 / H72mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 たっぷり湯のみ -白黒(下黒)-

本郷焼きの香り引き立つたっぷり湯のみ。独特な質感と表情。おしりに縦の線を入れてモダンさをプラス。

本郷焼き本郷焼 たっぷり湯のみ
サイズ φ100 / H72mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼 たっぷり湯のみ -黒白(上黒)-

本郷焼きの香り引き立つたっぷり湯のみ。独特な質感と表情。口あたりの部分に縦の線を入れてモダンさをプラス。

本郷焼き本郷焼 たっぷり湯のみ
サイズ φ100 / H72mm
素材 陶器

出典 楽天市場

【本郷焼】キャンディーカラー 白・グリーン 鉢 どんぶり

さかさまに置くとまるで富士山? それともキスチョコのよう。 使い勝手のよい切立鉢です。 ちょっとした煮物やおひたしなどにとっても便利。

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。
さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。 本郷焼きキャンディーカラーシリーズは、砂糖菓子をイメージしたとっても甘い感じの色使いがとっても可愛い。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼の切立ち鉢

サイズ φ140/H60mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼・キャンディーカラーシリーズ カフェオレボウル

素地をへらで縦に平行に削り、凸凹とした境目の稜線を際立たせ模様を 鎬(しのぎ)と言います。 職人さんの手のぬくもりや心意気の伝わる器です。

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。
さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。 本郷焼きキャンディーカラーシリーズは、砂糖菓子をイメージしたとっても甘い感じの色使いがとっても可愛い。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼のカフェオレボウル

サイズ φ100 /H70mm
素材 陶器

出典 楽天市場

本郷焼・キャンディーカラーシリーズ カフェオレボウル

太めのへらで削ぎ落とした稜線が魅力。 茶色い部分は、ちょっぴりビターなチョコレートを思わせます。 カフェオレボウルとしてもたっぷりめの湯呑みとしても。

会津本郷焼きは今から約420年前、織田家、豊臣家の家臣だった蒲生氏郷が薩摩から瓦工を呼んで鶴ヶ城(若松城)の屋根瓦の製造させたのが始まりだそう。 17世紀中頃には藩主の求めに応じて瀬戸から陶工が呼ばれ、本格的な焼き物の基礎が出来上がりました。
さらに1800年頃、有田や京都で学んだ佐藤伊兵衛が磁器の製法を伝えて現在の会津本郷焼の原型が出来上がりました。 本郷焼きキャンディーカラーシリーズは、砂糖菓子をイメージしたとっても甘い感じの色使いがとっても可愛い。なのにどこか素朴さが残り現代の食卓にほっこり和やかな雰囲気を添えてくれますね。

本郷焼のカフェオレボウル

サイズ φ100 /H70mm
素材 陶器

出典 楽天市場

日本全国の焼き物

福島県の焼き物 会津本郷焼

栃木県の焼き物 益子焼

茨城県の焼き物 笠間焼

愛知県の焼き物 瀬戸焼

愛知県の焼き物 常滑焼

石川県の焼き物 九谷焼

三重県の焼き物 伊賀焼

岐阜県の焼き物 美濃焼

滋賀県の焼き物 信楽焼

京都府の焼き物 京焼、清水焼

福井県の焼き物 越前焼

兵庫県の焼き物 丹波焼

岡山県の焼き物 備前焼

山口県の焼き物 萩焼

愛媛県の焼き物 砥部焼

佐賀県の焼き物 有田焼

佐賀県の焼き物 伊万里焼

佐賀県の焼き物 唐津焼

長崎県の焼き物 波佐見焼

鹿児島県の焼き物 薩摩焼

沖縄県の焼き物 やちむん

Red Doorsが運営するサイト

スイーツ、グルメ等の情報が満載!開け、赤門!

日本の食を探る!日本の食卓

日本酒、地ビールなどをご紹介します。Red Doors Japan

素敵なファッションやインテリア、グッズをご紹介します。Red Doors Gallery

タイトルとURLをコピーしました