アイスバーグの特徴と魅力! フロリバンダ系の美しいバラ 通販で購入出来るアイスバーグの苗と育て方

アイスバーグ
アイスバーグ
アイスバーグ

アイスバーグ

@flieder.winde
#rosaiceberg #iceberg #rose #whiterose #flower #whiteflower #fragrance #gardening #flowerstagram #アイスバーグ #バラ #薔薇 #白薔薇 #花 #白い花 #香り #ガーデニング 数日前からアイスバーグが咲き始めました 剪定と芽かきをしたので (昨年は剪定しかしませんでした) 枝が充実し蕾も沢山付いています 甘い香りがたまりません

出典 Instagram

アイスバーグの特徴と魅力

アイスバーグは1958年に作出されました。真っ白な花色の鮮やかさと、枝に数輪が固まって咲く姿が綺麗。育て方は「バラ」「ツルバラ」に準じます。アイスバーグはフロリバンダとツルバラ系があり、性質・立ち姿がちょっと違います。

ツルバラのアイスバーグ

フリバンダのツル性アイスバーグで、非常に花つきがよく、壁面に這わすと凄く「花」が映える。返り咲きし、樹勢は強いが、芽吹きが少し遅い傾向があります。一緒に植えた別種のツルバラが芽吹いているのに、アイスバーグは葉っぱがチラホラ…みたいな感じ。

ツルバラは春に咲いてあとは、ちょぼちょぼとしか咲かないが、ツルアイスバーグは返り咲きをします。春以降と秋も咲いてくれますが、ただその分だけ肥料が必要。植え込んだ年だけはブッシュ風の普通のバラとして育てて、その年の冬に水平に誘引します。

アイスバーグは他の品種よりシュート(根元から出る枝)が出にくいです。シュートが出にくいので、強い剪定をすると回復が遅い。剪定は邪魔なものをちょっとだけ、程度に。全体を刈り込んではいけない。刈り込むと咲かなくなります。

日陰にも強いが、生育が遅い。半日陰くらいにしておきます。

真夏に蕾が出来たらつむ。株が弱るし、綺麗には咲かないです。

春に沢山の花を咲かせるためには、冬(12月)にツルを水平方向に誘引する。古い枝は落とす。古い枝から新しい枝が出ていますので、この新しい枝が出ているところで古い枝を落とします。

古株でも老化しずらく、花がよく咲きます。
性質一季咲き
樹高5m
香り微香
樹形クライミング
作出Cants of Colchester(イギリス)

フロリバンダのアイスバーグ

フロリバンダのアイスバーグは真っ白な花を咲かせる有名品種です。品種名は白雪姫を意味するシュネーヴィッチェン。非常に良く咲きます。花が咲いて、咲き終えたら、花を摘み、枝を何節か切り詰めます。すると次の花が咲く、一ヵ月半くらいでもう一度花が咲きます。

真夏に出来る蕾は咲いても小さいので全て摘み取ってしまう。真夏はバラには厳しい。この時期に花を咲かせると株が弱ります。

冬に剪定をします。ツル性とは違い、剪定はします。地表から40cmほどの位置で、枝分かれしているところから10センチ上を切ります。Y字の枝が出来ます。そのとき枝分かれしていても、新しくて細い枝は切らない。古いほうだけを切ります。

一本しか立っていない枝があったら地表15cmくらいまで切り詰めると根元から新しい元気な枝が出てきやすいです。

フロリバンダの方が春以降のスタートダッシュが遅いですが、生育は明らかにツルバラより、フロリバンダの方が早い。すぐに追い越します。

性質 四季咲き
樹高 1.3m
香り 微香 ティ
樹形 木立性
作出者 Reimer Kordes(ドイツ)

出典 みんなのガーデニング花図鑑

@flieder.winde
#rosaiceberg #iceberg #rose #whiterose #flower #whiteflower #fragrance #gardening #flowerstagram #macro #アイスバーグ #バラ #薔薇 #白薔薇 #花 #白い花 #香り #ガーデニング

出典 Instagram

アイスバーグ フロリバンダ系バラの育て方

フロリバンダ系とは?

フロリバンダはバラ科バラ属の落葉性低木の品種群の総称。ノイバラから作出された極少輪のドワーフ・ポリアンサ系を大輪にして耐寒性をつける目的で改良が始まり、出来上がったものが「フロリバンダ系」です。フロリバンダは「花束」という意味で、1枝に複数の花を房咲きするのが特徴です。育て方は「バラ」と同じですが、多少剪定などで違いがあります。樹形はブッシュ樹形で四季咲き。花径が4cmから10cmの中輪で遅咲き(剪定してから開花まで一ヶ月半くらい)が多い。花もちがよい。

多種・多色あり、カタログでは現物と色が違うことがありますので出来ればバラ園・植物園などで現物を見てから購入するといいです。
樹高40cmから200cm

水やり

水やりは株元の土に注ぐようにします。葉っぱに水をかけると滴が落ちて泥はねして黒星病に感染しやすくなります。水やりはゆっくりと時間をかけてすると土に水が染み込みやすいです。

●土があんまり乾燥していると、土が水を弾いて他所に流れ出ていきます。あんまり吸収しない場合は、土を割り箸なのでザクザクと砕いてから水をやります。

冬の水やり(12月から2月)

庭植えの場合は冬のバラは休眠しているので自然に降る雨だけで充分です。開花していても水やりは不要です。
鉢植えの場合は、土が乾いていたら水をやるようにします。

春の水やり(3月から6月)

春以降、気温が上がると生育が活発になり、水を欲しがります。よって庭植えでも自然雨だけでは不足しますから水やりが必要になります。水が切れると生育が悪くなり、花が落ちたり、ツボミが開かなくなるので注意します。特に午前10時から午後3時あたりに光合成が活発になり、水を必要とするので午前10時までに水やりをするようにします。

鉢植えは同様に土が乾いたら水やりをします。

夏の水やり(7月から8月)

夏は高温で蒸発が激しく、水切れが起きやすいです。水切れすると生育が悪くなる。水やりは朝か夕方にします。昼に水をやると水が沸騰して根を傷めます。朝に水をやっても葉っぱがしおれる場合は、葉っぱに直接霧吹きして水分補給をします(シリンジ)。

鉢植えならば朝と夕方の二回、しっかりと水をやります。もしも乾燥して水を吸収しないならば、土を割り箸などでザクザク刺してから水をやると吸収しやすくなります。

秋の水やり(9月から11月)

気温が下がって以降はむしろバラの生育時期です。水を欲しがるので春と同様に水やりをします。開花しているときは特に水を欲しがり、水が不足すると花が咲かなかったり、ツボミが落ちたりするので注意してください。

鉢植えならば、春と同様に鉢の土が乾いたら水をやるようにします。

肥料

元肥(1月から2月)

1月から2月に元肥をやります。この肥料は開花するまでの栄養となるものです。有機肥料(油かす・骨粉など)は分解されることで肥料になるので、施肥してから二ヶ月後に効き始めます。緩効性化成肥料は施肥してから一ヶ月後。化成肥料はすぐに効き始めます。3月以降に効かせるためには有機肥料は1月。緩効性化成肥料は2月にやります。

肥料はバラ用の肥料か、1株あたり油かす200g:骨粉200g:熔成リン肥200g(リン+MgやMnなどの微量要素):草木灰(カリ)200gを混ぜたものを施肥します。バラ用の肥料が便利かつ、結局安上がりです。

元肥のやりかた

バラの株元から40cm離れたところに深さ10cmから20cmの溝を掘って、腐葉土や堆肥を10リットルほど入れます。そこにさらに化成肥料(もしくはバラ肥料)をやりよく混ぜておきます。バラは地表から地下20cmから25cmあたりの根で吸収するのでそれより深く掘って施肥する必要はないです。

鉢植えの場合は土の上に置き肥します。肥料は鉢の縁の近くに起きます(株が少し離すようにする)。

●この後、マルチングをします。
●化成肥料は水に溶け出すものなので、肥料をやった後は水をやるようにします。水をやらないと効いてこないです。
●有機肥料を使わず、緩効性化成肥料を使った場合は3月4月に液体肥料か即効性化成肥料を追加する必要がある、かもしれない。様子を見つつ追肥する。問題ないならやらない。
●粘土質が多い土の場合、肥料は留まりやすいので、追肥すると徒長したりダブルセンター(芯が二つになる)、ブルヘッド(ツボミがカチカチで咲かない)などが起きる。状況を見て判断する。

マルチング(1月から2月)

株元にワラやバーグを敷いてマルチングをします。マルチングをすることで蒸発を防いで水切れを予防します。春から夏の開花時期に水が不足すると花が開かなかったり、ツボミが落ちてしまいます。また土中には黒星病の菌が住んでいるので、水やりや雨で泥はねすると葉っぱに泥がついて黒星病に感染します。マルチングで黒星病はかなり予防できます。

マルチングは敷きワラ・腐葉土のこともありますし、バーグのこともあります。格好がいいのはバーグですがワラや腐葉土は土にすき込めます。

追肥(5月から10月)

庭植えの場合は一番花が終わったら追肥をします。追肥の方法は元肥のやり方と同じで周囲に溝を掘って肥料をやります。緩効性化成肥料なら1株に100gから200g。液体肥料を10日に一回株元にやるでもいいです。一番花が開花しているときと開花する前は肥料はやらないようにする。やると花の形がいびつになります。その後も定期的に肥料をやります。

鉢植えの場合は5月以降も定期的に肥料をやります。緩効性固形肥料を20gから30gくらい一ヶ月に一回やるか、リン多めの液体肥料を10日に一回やります。

管理場所・日当たり

1日5時間以上の日当たりがある場所で管理する。午前10時から午後3時が光合成を盛んに行うのでこの時間に日光があたるのが理想。多少前後しても問題はないです。

冬剪定

冬剪定の時期(12月〜2月)

12月から2月に冬剪定を行います。最低気温が7度以上になり活動をはじめると芽が動き始めます。剪定は芽が動き始める前に行うようにします(芽が動き始める時期は地域によって違うため、寒冷地ではもっと遅くても大丈夫)。フロリバンダは中小の小さな花をたくさん咲かせるものですのでハイブリッドティーと少し違います。

冬剪定の手順

フロリバンダの場合は冬剪定の切り戻しのときに「一番花が咲いた枝」を切り戻すのですが、フロリバンダは「二番花の咲いた枝」で切り戻しても構いません。フロリバンダは剪定したところから40cmほど伸びたところで開花するので、計算して剪定すると良いです。

その他の作業

芽かき(3月4月)

一箇所から三つの芽が出てくることがあるので、このうち大きなものを一つ残して、あとはとってしまいます。手で取ってしまっていいです。たくさん芽があるようならば間引いて少なくします。芽かき作業は芽が膨らんで動き始めてから行います。

枯れた枝の切り戻し(3月4月)

枝の切り口の先が枯れ込んでいる場合はこれを切り戻します。枯れ込みが芽のところに達する前でに切り戻してしまいます。健康な芽の上まで切り戻します。

ツボミ摘み

フロリバンダは房咲きさせるものなので、基本的に脇蕾はつまないで全て開花させます。ただし、ツボミが10輪以上ついている場合は、一番大きなツボミを摘んでやることで、大きさを整え、開花時期を調整できます。よくわからない場合はそのままにしておきましょう。

●10輪以上のツボミを放置していると大きなツボミが咲いてから、小さなツボミが咲く。それより大きなツボミを摘んでしまって、数輪の小さなツボミを一斉に咲かせた方が綺麗。

ブラインド処理(4月5月)

正枝の先にツボミができて開花するものなんですが、枝の先にツボミが出来ず、枝分かれするだけのことがあります。これをブラインドと言います。この先端を五枚葉を二つか三つ分だけ切り戻して新芽を出させて、その先に花を咲かせるようにします。

花ガラ剪定(5月〜)

花が終わったら、花が咲いた枝の一番上の大きく育った5枚葉の少し上で切ります。残した5枚葉の根元から新枝が出てきます。5枚葉の上で切ると半分以上切り戻すことになるなら、3枚葉の上で切っていいです。

●フロリバンダは3枚葉がよく出るので5枚葉の上で切ると枝によってはかなり短くなる。

シュート処理

フロリバンダはシュートの先に早めに花が咲きやすいです。基本的にツボミは摘んで、大きく育った5枚葉の上の数センチほど切り戻して脇枝を出させます。うっかり放置して花が咲いてしまった場合は、最初の枝分かれの二本を5枚葉があるように切り戻し、あとの枝は切ってしまいます。

●シュートが細い場合は花を咲かしてから、5枚葉の上で切り戻す。
●11月以降に出るシュートは生育しても良い枝にならないので、根元から切ってしまいます。

サイドシュートの処理

枝の途中から太い勢いのある枝が出てくることがあります。これはサッカーとかサイドシュートと呼びます。太い枝をそのまま伸ばしていると花が咲くのですか、良い花が咲かないので5枚葉の上で切り戻します(細い枝はサイドシュートではないので普通に花を咲かせる)。

●フロリバンダは3枚葉が多いので、5枚葉の上だと短くなる場合は3枚葉の上でいい。

夏剪定

夏剪定の時期(8月〜9月)

正8月下旬から9月上旬…気温が27度以下になってから剪定して全ての花を落とすことで、次の花を10月前後に開花させる。10月になると涼しい(18度から22度)ので色の鮮やかな花が長期間開花するので見頃になる。フロリバンダは遅咲き(剪定から48日から55日で開花)なので早めに剪定するようにする。

●バラは27度以上になると生育が悪くなるため、27度以下になるまで待って剪定する。関東では大体8月25日から9月15日。
●花芽分化は16度から23度なので、あんまり遅いと花芽が分化しなかったり、十分な分化がなく咲いても小さくなることがある。
●よく分からない場合は夏剪定せずに花ガラ剪定を継続してもいい。夏剪定は秋にまとめて咲かすだけ。「バラは秋が見頃」ではなく、剪定によって「見頃」にしているだけなので、バラの生育には問題はない。

夏剪定の手順

今年、花が咲いた枝のうち二番花か三番花が咲いた枝の5枚葉の少し上まで切り戻します。夏剪定はあまり太い枝を切り戻すと開花が遅くなるので、二番花の枝が1cm以上の太い枝なら、三番花が咲いた枝を切り戻します。

●枝の太さが5mm以上なら切り戻すと開花する。
●夏剪定は樹形を整えるものではなく、秋にまとめて開花させるものです。
●夏剪定は葉っぱは出来るだけ減らさないようにします。強く切り戻すと、地上の減らした枝に合わせて根が枯れてしまいます。全体の葉っぱの3分の1を落とす感じ。それ以上は落とさないようにします。
●秋はツボミが少なめなので、摘蕾(=ツボミを間引くこと)はしないでいいです。
●9月10月に開花後にもう一度、花ガラ剪定をすることで再度、開花させることもできる。方法は花ガラ剪定の項目を参考に。
●最後の開花が終わったら、花首で剪定して葉っぱを多く残します。葉っぱを多く残して、気温が7度以下になるまで光合成させ株を充実させます。

台風対策(7月から8月)

支柱を3本立てて三角錐になるように上で縛ってそこに紐で固定する。台風が来るなら全体に黒星病の予防剤を散布しておきます。紐を強く縛らないようにする。台風が去った後にも、予防剤を散布しておきます。

●鉢植えならば室内に取り込む。もしくは雨の当たらないところで「倒して」おく。

出典 みんなのガーデニング花図鑑

@bb.in.ihatov.japan
. my iceberg roses started to bloom…! . 家の庭のアイスバーグ (バラ)が咲き始め… . . #flowers #flower #petal #petals #nature #beautiful #love #pretty #plants #sopretty #spring #flowerstagram #flowersofinstagram #flowerstyles_gf #flowerslovers #flowerporn #botanical #floral #florals #flowermagic #instablooms #bloom #blooms #botanical #floweroftheday #アイスバーグバラ #バラ #roses #icebergrose

出典 Instagram

通販で購入出来るアイスバーグの苗

バラのこと、もっと知りたい!

バラの歴史

バラのルーツ

アジアや欧米などに自生分布しているバラの近縁種(バラ科、バラ属の植物)は200種にも及ぶとみられています。発掘された化石の分析から、 野生のバラは3千万年も前にすでに北半球の各地に分布していたことが分かっています。それよりずっと前にバラの祖先種は世界のどこかで生まれ、 分化しながら各地に伝わっていったのです。

バラの生まれ故郷はいったい何処なのでしょうか。真実はまだ誰にも分かっておりませんが、近縁野生種の分布や遺伝的な変異の状況から、 専門家はヒマラヤの麓や渓谷あたりが、バラの発祥地としてもっとも可能性が高いとみています。

古代のバラ

バラは伝説やロマンに彩られた究極の植物であるといわれていますが、単に優れた園芸植物というだけでなく、文芸、美術、さらに香料や薬の分野でもきわだった役割を演じてきました。

クレタ島の壁画(3000-1100BC),バビロニアの叙事詩(2000BC),ギリシャの史家ヘロドトスの著書「歴史(400BC)」,哲学者テオフラストスの植物誌(300BC)など、 バラは紀元前にもいろいろなところに登場してきました。クレオパトラや皇帝ネロも沢山の花びらを宮殿の床に敷きつめたり、ネットにいれて天井から吊したり、 あるいはお風呂に浮かべて楽しむなど、贅沢な使い方をしたことが知られています。

ちなみに、クレオパトラがアントニウスを迎えたときには宮殿全体をバラで飾り、廊下にはバラの花びらを20cmほど敷きつめたと言われています。高価なローズオイルも、 支配者の象徴としてふんだんに愛用したようです。

政治との関わりではイギリスのバラ戦争が有名です。白バラを徽章とするヨーク家と、紅バラのランカスター家が王座をめぐって激しく対立したのですが、 結局ランカスター派のヘンリー(七世)が王位の座につき上り、ヨーク家のエリザベスを妃とし、シンボルも紅バラと白のTutorローズを用いて国の統一をしました。

バラの栽培史については紀元前500年頃に、古代中国の宮殿(周王朝)の庭で栽培されたのがもっとも古い記録だとされています。ギリシャでも紀元前後に栽培されはじめたらしいのですが、 一般化してきたのは3世紀のローマ帝国時代以降といわれています。

ギリシャの女流詩人、Sapphoがバラは「花の女王」であると讃えましたが、それ以来すでに2千年以上も経っています。長い歴史の中でバラの魅力は衰えるどころか益々深まってきているのです。

伝播と進化

ローマ帝国の崩壊とともにバラの栄華も一時は衰えましたが、やがて7世紀中期にサラセン帝国の隆盛をみるに及んで、バラは南欧スペインまで到達することになりました。 バラの東西交流に果たした十字軍の役割も極めて大きかったといわれています。十字軍は11世紀から13世紀の間に7回も遠征したのですが、東方からの帰りにバラの新種を西ヨーロッパに持ち帰って広めたのです。

バラが芸術品のモチーフとして頻繁に登場するようになったのは14世紀以降、イタリアのルネッサンス期から後のことで、この頃からヨーロッパにおけるバラの栽培も盛んになってきました。 バラの発展に偉大な貢献を果たしたのは、ナポレオンの第一妃ジョセフィーヌ(Josefine)です。彼女は1802年にマルメゾン離宮に広大なバラ園を作り、そこに世界から集めた珍しいバラを栽培しました。 花だけでなく樹全体を鑑賞の対象にしました。ジョセフィーヌは1814年に亡くなりましたが、彼女のコレクションは250種類にも達していました。とても幸運なことですが、 この大コレクションの多くは図譜として私たちに残されているのです。さらに、特筆すべきことですが、このバラ園で働いていたA.デュポンが世界で初めて人工交雑によって新しいバラを作出しました。 近縁種間の交雑によって花形、色、香り、四季咲き性などバラの遺伝的な性質に革命的な変化が生じましたので、この時期よりも前のバラを「オールドローズ」、 それ以後のバラを「モダンローズ」と称することになりました。

香料や薬用など

インド北部のカシミヤ王国で発見されたといわれているバラの精(Attar of roses)は、香水や死者への塗油(Anoint)として広く用いられていました。 しかし、古代中国ではローズオイルを使用できるのは支配層に限られており、フランスでも一般の人たちがローズオイルを使えたのは、結婚式の時ぐらいだったといわれています。

バラの香気成分を分析すると600種類以上もあるそうですが、成分バランスや量によって甘い香りや優雅な香りなど奥深い芳香が生まれます。ローズオイルはどの時代でも極めて高価で、 同じ重さで比較すると金の6倍以上もしたそうです。ローズオイルの主産国はブルガリアで、輸出先は主にフランスです。

19世紀に用いられた植物性の薬にはバラの成分を含んだものが多かったといわれています。病気の治癒に効果のある成分は主にバラ、とくに薬用バラ(Apothecary Rose)として知られていた Rosa gallicaの花びらに多く含まれていました。バラの花びらを原料として作られた薬は胃の消化薬として広く用いられました。また、ダマスクバラ(Damask Rose、Rosa damascena) のシロップは下剤として、バラの花びらを酢に漬けた「バラ酢」は鎮静・頭痛薬として用いられました。バラの実から取り出した果肉を砂糖と混合・調整したものも慢性病に効く薬として売られていました。 薬用としての需要は激減しましたが、バラの実はお茶や砂糖漬にして今でもまだかなりの量が消費されており、ビタミンCの供給源になっています。実だけでなく花も食用になります。 このような用途にはRosa rugosa やR.caninaが適していると言われています。

バラの原種

現代のバラ品種を成立させた祖先種をたどって行きますと、ノイバラ、ハマナス、庚申バラなど7、8種の野生バラにたどり着きます。このような野生種を一般にバラの「原種」と呼んでいますが、 それらの大部分はRosa gallicaや、その近縁種を含むGallicanaeと呼ばれている植物グループに属しています。これらの野生植物も美しい花をつける魅力的な植物ですが、 残念なことにそれらの真価はほとんど認められていません。たとえば、Rosa eglanteriaは芳醇な香りのするかわいい実をつけますし、Rosa virginianaは花、実、葉のいずれも豊かな色彩に富んでいて、 四季を通じて楽しむことができます。今日広く栽培されているバラの品種は次に列記しました植物のうち2種以上の植物を遺伝資源として交雑・育成されたものです。

近代のバラ

19世紀以前に中国で育成・栽培されていたRosa chinensisとR.giganteaとの交雑種がヨーロッパに導入され、Bourbon roseとの交雑が試みられました。 その結果、Hybrid perpetual系とTea系のバラが生まれ、さらにこの両系間の交雑からHybrid tea(HT)系が育成されました。 1867年に発表されたギョー氏作出の「ラ・フランセ」が四季咲き大輪バラ(HT系)のナンバーワンとされています。

それまでのBourbon系のバラは晩春から夏にかけて年一回開花するだけでしたが、中国種から四季咲きの性質や多様な花色、つる性、耐寒性などの諸性質が導入されて近代のバラが出現したのです。 さらに日本原産のノイバラ(R.multiflora)とR.chinensisとの交雑種であるPolyantha系にHT系を交雑して育成したのが、 中輪多花性のFloribunda(FL)です。花粉親の分からない自然実生から選抜・育成された場合が多かったので、系統関係は必ずしも判然としませんが、 東洋種と西洋種との交雑が繰り返されて遺伝変異に富む魅力的なモダンローズが数多く発表されました。

最近、世界に新風を巻き起こしているバラに「イングリッシュローズ」と呼ばれている品種グループがあります。 これは英国の育種家D.オースチンが優雅な花形や芳しい香りを備えたオールドローズに現代のバラを戻し交雑して作出した、いわばオールドローズタイプのモダンローズで、 現在、100を越す品種が出回っています。

新しいバラを求めて

新しいバラを求めてやまないバラ愛好家や育種家達によって、バラは少しずつ姿を変えてきました。このようなローザリアンといわれる人たちは、 いまでも病気や害虫に強い抵抗性のある品種の育成をめざして頑張っています。イングリシュローズは、オールドローズの優雅な花形や芳醇な香りの素晴らしさを見直すきっかけを与えてくれました。 グランドカバーローズも、修景用としてのバラの新しい展開方向を示しています。

優れた形質を持ちながら、これまで一度も遺伝資源としてバラの育種に使われていない野生バラがまだ沢山あります。これらを交雑の親に活用することによって、 もっと新しいタイプのバラが生まれる可能性があります。バイオテクノロジーを駆使した青色のバラも、近い将来私たちの前に姿を現してくれるでしょう。 バラの行く手はますます明るく刺激的といっても過言ではありません。

バラの種類

育成由来

オールドローズ(O:Old Rose)

1867年に四季咲き大輪のハイブリッドティーが人工交雑によって初めて育成されたので、 この時期までに作られていました原種、シュラブローズなどを「オールドローズ」と総称しています。 代表的な系統はR.ガリカ、アルバ、ダマセナ、センチフォリア、ブルボンローズ、HP種などです。 一季咲きで、花の色彩も限られているので一般的に豪華さはありませんが、モダンローズにはない、繊細で優雅な姿や花の色、豊かな香りがある。

アルバ・セミプレナ
カルディナル デ リシュリー
シャポードナポレオン

イングリッシュローズ(E:English Rose)

英国のD.Austineが育成し、1969年に初めて発表したオールドローズタイプのモダンローズの総称。優雅な花形や芳しい香りを漂わすオールドローズに、 モダンローズの四季咲き性や多彩な花の形や、色を導入して育成した新しいタイプのバラで、現在、100以上の品種が発表されている。

ヘリテイジ
グラハム・トーマス
イブピアッチェ
レディエマハミルトン
ジュードジオブスキュア
アブラハムダービー
ヤングリシダス
アンブリン 旧名アンヌボレイン。
キューガーデン
ウィンダミア
オリビアローズオースチン
クレアオースチン
シャーロットオースチン
バターカップ
ジェントルハーマイオニー
ザラークアセンディング
コンテドシャンパーニュ
ジュビリーセレブレーション
ウィンチェスターキャシードラル
プリンセスアレキサンドラオブケント
クラウンプリンセスマルガリータ
サマーソング
キャロリンナイト
ザポエッツワイフ
ストロベリーヒル
ザレディースブラッシュ
ザレディオブザレイク
ジアレンウィックローズ 旧名ジ・アニック・ローズ、アルンウィックキャッスル
ジェームズギャルウェイ
セプタードアイル
テスオブザダーバービルズ
トーマスエイベケット
ノーブルアントニー
ポートサンライト
ロイヤルジュビリー
ムンステッドウッド
モーティマーサックラー
レッチフィールドエンジェル
ボスコベル
モリニュー
ロアルドダール
ワイルドイブ
イングランズローズ
イモージェン
グレイス
LDブレスウェイト

樹型

ハイブリッド・ティー系(HT:Hybrid Tea)

樹形は直立から半直立状になり、高さは1.5m以上に達する。四季咲き大輪で、花の直径が15cm以上になるのも珍しくない。 ふつう、一本の茎に一つの花をつけ、剣弁高芯咲きが多い。多くの品種があり、花色も豊富である。

朝雲
天津乙女
インターフロラ
ウイミイ
ウインナーシャルメ

栄光
エスメラルダ
オーナー
オクラホマ
オペラ
カーディナル
ガーデンパーティ
かがやき
香澄
カリーナ
乾杯
希望
キャロリーヌ ド モナコ
クィーン・エリザベス
クッパーケニギン
クリスチャンディオール
クレオパトラ
黒真珠
恋心
光彩
小林育成系統
コロラマ
彩雲
サマードリーム
サマー レディ
ザマカットニーローズ
讃歌
サンブライト
サンフランシスコ
紫雲
ジェミニ
シャルル ドゥ ゴール
シュペールバルク
秋月
朱王
春芳
ジュリア
ショウガール
ジョン F.ケネディ
シルエット
スィート・アクトン
ステファニードゥモナコ
スパイス トワイス
ソリドール
ダイアナ
タイムレス ’98
ダブルデライト
丹頂
ディンティ ベス
トーナメントオブローゼズ
ニューカリーナ
熱情
ハーモニィ
初恋
パパメイアン
バレリーナ
バロネス ロスチャイルド
緋扇
ピース
ピンク・パンサー
ファウンテンスクエアー
ファースト ラブ
フィオルド
ブラント・H・モース
プリンセス・ド・モナコ
ブルーパヒューム
ブルームーン
ブルーリバー
ブルグント’81
フレンチパヒューム
ベテランズオナー
ヘルツアス
ヘルムットシュミット
フロージン’82
紅不二
芳純
ポールリカード
ボニカ’82
ホワイト ウイングス
ホワイトクリスマス
ホワイト マスターピース
マイダスタッチ
マキシム
正雪
マヌウ メイアン
マヒナ’81
マリアカラス
ミスターリンカーン
メリナ
メルヘン・ケニギン
モニカ
ヤング
友禅

ラスベガス
ルイドゥフューネ
レオニダス
ロイヤルハイネス
ローズヨコハマ
ローラ

フロリバンダ系(FL:Floribunda Rose)

横方向に伸びる性質が強く、樹高はせいぜい1m。花の直径が10cm前後の中輪で四季咲きのモダンローズ。 花数は多く、一本の茎に多数の花が房になって咲く。

アイスバーク
アンソニーメイアン
イングリッド ウェイブル
うらら
エルベショーン
オリンピックファイヤー
オレンジバニー
かざぐるま
ガルテンツアーバ
かれん
ケアフリーワンダー
ゴールド・バニー
コンチェルティーノ
桜貝
桜霞
ジーンバーナー
ジュビレデュプリンスドゥモナコ
ソノーラ
ダスキー・メドウン
チャールストン
チンチン
ディリースケッチ
ときめき
ドクターファースト
ニコール
パーマネントウェーブ
花霞
パルメンガルテンフランクフルト
ピンクファイアー
ピンクラセビリアーナ
ピンクヘイズ
プリンセス・ミチコ
フルーツ
ポリゴールド
マチルダ
マリアンデール
マリーナ
メクイスト
万葉
元の川
ユロピアーナ
ラバグルッド
リトルダーリン
緑光

ミニチュアローズ(MIN:Miniature Rose)

イェロー ドール
イエローメイアンディナ
いちばん星
ゴールド ジュエル
スカーレット ジェム
スターザン ストライプス
スタリナ
スノーメイアンディナ
バイオレット・ドリ
花見川
ピンクメイアンディナ
紅姫
マジック キャローセル
リュータン
ロズマリン
ロズマリン’89

つるバラ(CL:Climbing Rose)

「クライミング」、あるいは「クライミングローズ」ともいわれ、数メートルに達するつる性の枝を多数発生させる。 アーチやフェンスにからませて楽しむ。花の大きさは様々で大、中、小輪があり、開花期も一季咲き、四季咲きがある。

アルティシモ
ウェスターランド
ウルメール ミュンスター
カクテル
ゴールドバニー
サマースノー
シティ オブ ヨーク
スペクトラ
羽衣
ピエールドゥロンサール

スプレイ系(Spray)

花が比較的小さめで、分枝の様相がスプレイタイプの房咲き、茎の伸びが弱い

花型

剣弁高芯咲き:
花弁の先が下方に反り返り、上方からみると剣先のようにとがっている。花の芯(中央部)は比較的高い。

半剣弁高芯咲き:
花の芯は高いが、花弁の反り返りはゆるく、やや丸みを帯びた形をしている。

丸弁咲き:
花芯は高いが、花弁は反り返らないで丸い形をしている。

盃状咲き:
花芯は比較的低く、花全体の形が盃状をしている。

一重咲き:
花弁数は通常5枚で、一重に並んで咲く。

半八重咲き:
花弁が5枚あって二重に咲く。

バラの育て方

樹型や花の形・色・香りなどバラには多くの種類があります。花壇に植えるか鉢植えにするか、あるいは、垣根作りにするか、アーチやポールに仕立てるか…目的や好みによって選ぶバラの種類(品種)が違ってきます。 育て方はバラの種類や苗の状態によって多少違ってきます。

もちろん、植える場所の土質や気象条件によっても異なります。しかし、作り方の基本をマスターすればあとは工夫次第で立派な花を咲かせることができます。 自分で育てたバラが咲いたときの喜びは格別です。ここでは関東の平地で育てる場合を想定して基本的な事柄を述べますので、あとは工夫して下さい。

苗の植え付け
0℃近くになるとバラの樹は休眠状態になるので、厳寒期には少々乱暴に扱っても植え痛みはほとんどありません。2年生苗の植え付けや成木の移植は1、2月の寒い時期が適期です。 ポッ卜入りの1年生苗は春になると園芸店やホームセンターの店頭に並ぶようになりますので、できれば6月中旬頃までに植えつけたいものです。

バラを植えるところは日当たりや風通しの良い場所が適していますが、条件が多少悪くても管理次第で立派な花を咲かせることができます。庭に植えるときには直径、 深さとも30cm以上の植え穴を掘り、そこへ骨粉、油粕、化成肥料、乾燥牛ふん、堆肥などを入れ、土とよく混ぜ合わせます。化成肥料や牛ふんなどの量は苗の大きさや土の肥沃度によって変えますが、 バラ苗1本当たり牛ふん・堆肥は5リットル、それ以外は各150gを標準と考えて加減します。初心者にはバラ用の配合肥料やボカシ肥料が無難かもしれません。 肥料が直接バラの根に触れないように、庭土を厚さ5cm程戻してから根鉢を崩さないまま植えます。庭土に腐葉土やピートモスを適当に混ぜて根の周りに入れ戻します。 水をたっぷりと与え支柱を立てます。

水やり
冬は土が極度に乾燥しない限り水やりは不要です。夏は土が乾いたと思ったら水を十分与えましょう。庭植えのバラには株元に10リットルのバケツ1杯位、 鉢植えは鉢底から流れ出るまで水をやります。水やりは午前中が理想ですが余り厳密にする必要はありません。なお、梅雨に入る前に株元に敷きわらなどのマルチングをすると乾燥防止と黒点病予防に有効です。

施 肥
バラは「肥料食い」で、他の植物にくらべると多量の肥料を必要とします。肥料の分量や時期は樹の状況や土質・気象などによって変えますが、元肥と追肥に分けて施しましょう。

元肥はバラが休眠を始めた12月(冬期)に植え付け時に施した肥料とほぼ同じものを株元から30cmほど離れたところに溝を掘って施すか、ばらまいてすき込むようにします。夏にも元肥として冬期の半量位の施肥をします。

追肥は春の芽が伸びる前や、秋の剪定前に化成肥料または配合肥料を株から30cm以上離して円状にまきます。水やりをかねて液肥を千倍程度に薄めたものを施すのも効果的です。

花と枝の処理

つぼみの処理

新苗は翌年以降に立派な花を咲かせるために、1年目に出てくるつぼみは早めに摘み取るようにします。成木でも関東以南の地方では夏期のつぼみは摘み取ってやります。 大輪咲きのバラはわきから出るつぼみは摘み取りますが、中、小輪の品種はそのままにして房咲きにします。

ベイサルシュートの処理

株元から出る太い芽をべイサルシュー卜と言いますが、そのままにしておくと沢山の花がほうき状に咲いて樹を弱らせます。 これを防ぐために50cmほど伸びたら先端10cmを折ります。わき芽が再び伸びてきますから同様に折り取ります。これを秋まで繰り返すようにします。

夏の剪定

8月下旬から9月初めが夏の剪定の適期です。まず、枯れ枝や生育の悪い枝を切除します。次に夏までに伸びた枝の3分の1程度を、高さを整えながら切り戻すようにします。 仕上げは株全体のバランスを考えながら樹型を整えるように剪定します。

冬の剪定

2月の中旬が適期ですが、芽の伸び出す1ヶ月前までに剪定作業を終わるようにします。光や風通しを良くし、丈夫そうな5本前後の枝を盃状になるように整えることを念頭に置いて、 まず、枯れ枝、病気の枝、3年以上の古い枝、鉛筆よりも細い枝などを根元から切り取ります。次に、開花させる枝を切り詰めますが、切る位置は樹高が50cm程度で外側についている芽の5mm程上を斜めに切るようにします。

病害虫の防ぎ方

バラに被害を与える病害虫は種類が多く、致命的なダメージを与えるものも少なくありません。 しかし、防除法がほぼ確立していますのでマニュアルに従って防除作業を確実に行えば誰にでもすてきな花を咲かせることができます。バラのおもな病害虫と防除法は下記の通りです。

黒星病

葉に黒色の斑点が生じ、やがて葉全体が黄色になって落下する。
病兆を認めたら葉は除去・焼却。薬剤としては、サプロール、ダコニール、マネージなど。

うどんこ病

芽や若葉、つぼみなどが小麦粉を振りかけたように白くなり葉がよじれる。
ミラネシン水和剤、トリフミン、モレスタンなど。

キャンカー(枝枯れ病)

枝に紫褐色の斑点が生じ、やがて枝が枯れる。
発見次第健全部分まで切り詰める。

根頭がんしゅ病

根にこぶが生じ、株が次第に弱る。

株を掘り起こして焼却。土も取り替える。

ハダニ

高温、乾燥が続くと葉裏に発生。落葉させる。
オサダン、ニッソランなどを4,5日おきに3回散布。

アブラムシ

新芽にむらがって発生する。
オルトラン、スミチオン、ベストガードなどを1週間置きに2回散布。

チュウレンジハチの幼虫、シャクトリムシ

葉を食害
スミチオン、アクテリックなどを発生時に数回散布。

バラクキバチ

若枝に産卵し、枝先を枯らす。
スミチオン、アクテリックなどを。

出典 公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会公式サイト

人気記事 マルニ木工のHIROSHIMA アームチェアの特徴と魅力!

タイトルとURLをコピーしました