こんな商店街のある街に住みたいな!スタイリスト、バイヤー、キュレーター、ミュージシャンでもある著者が理想とするネット上の仮想商店街「赤門商店街」素敵な商品をご用意して皆様のご来店お待ちしております!口コミも!

赤門商店街 by Red Doors




赤門商店街 赤門雑貨店 日用品、雑貨 焼き物、陶器、磁器、陶芸

笠間焼の食器 皿 茶碗 花器 雑貨の選び方!茨城県の笠間焼陶器 伝統とモダン 江戸の庶民に愛された器の使い方

更新日:

江戸の庶民に愛された器 笠間焼陶器

笠間焼とは?笠間焼の特徴

「特徴がないのが特徴」

一般的にこのように言われている笠間焼、江戸、東京に近いということで益子と並ぶ大きな窯業産地となった茨城県笠間市、必要に迫られて日用雑器を大量生産する機会を得て、様々な用途に対応する陶器を生産するようになったため、笠間焼の特徴を表現するにあたって、「特徴がないのが特徴」と呼ばれるようになりましたが、現在では若手からベテランまで多くの作家さんが集まって現代的で芸術的な陶器も製作されています。

笠間焼の歴史

笠間焼の歴史は江戸時代中期、安永年間(1772~1781年)から始まります。箱田村(現在の笠間市箱田)の久野半右衛門が、信楽の陶工・長右衛門の指導で焼き物を始め、窯を築いたとされています。後に、笠間藩の仕法窯として保護され、甕・摺り鉢などの日用雑器が作られた。幕末から明治時代にかけては江戸に近い利点から、大量生産をし技術者や従事者も飛躍的に多く増加しました。明治時代には特に厨房用粗陶品の産地として知られていました。しかし、終戦後、プラスティック製品などの流入などにより、人々の生活様式も大きく変化し、笠間焼の需要は減り、窯元は今まで経験したことのない危機に陥りました。
そのような中、県立窯業指導所や窯業団地、笠間焼協同組合などが設立され、官民一体となり試行錯誤の末、厨房用粗陶品から工芸陶器への転換を図りました。平成4年に伝統的工芸品に指定され、近年では、古い歴史に育まれてきた伝統に新たな技法が加わり、「笠間火器」を開発し、土鍋や陶板など新たな商品を生み出しています。現在では、約300人の陶芸家や窯元がいる窯業産地となっています。笠間市公式HPより引用

笠間焼協同組合の公式サイトでは作家さんの個展情報、イベント情報などを知ることが出来ます。ぜひご覧ください。

笠間市で笠間焼を買うならこちらがおすすめ

回廊ギャラリー門

笠間芸術の森公園の傍にあり、
自然の光や風、木々の緑に癒される美術館のような笠間焼のセレクトショップです。

中庭を囲んで、コの字型なっているギャラリースペース
作家さんの作品をゆっくり歩きながら眺めることができます。

四季折々、違う景色が感じられる中庭がとても魅力的。

回廊ギャラリー門公式サイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

yyyyaekoさん(@yyyyaeko)がシェアした投稿

素敵な笠間焼、テーブルコーディネート、笠間焼の使い方

トルコブルーの笠間焼に盛り付けた美味しそうなビビンバ

 

この投稿をInstagramで見る

 

母熊🐻Saitama🇯🇵さん(@rosso___)がシェアした投稿

天婦羅 瀧口

住所:茨城県水戸市新荘3丁目6−24
TEL:029-221-7865

食べログで紹介されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Y☺︎KOさん(@wabisuke45)がシェアした投稿

焼き菓子カフェ こなのか

住所:茨城県取手市白山3丁目2−1
TEL:0297-84-6401

若いマダムが一人で手作りの焼き菓子を丁寧に作ってます。

食べログで紹介されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@chomo.janがシェアした投稿

通販でお取り寄せ出来る、おすすめの笠間焼の器、食器、ボウル、大皿、小皿、取り皿、鉢、小鉢、茶碗、マグカップ、ティーカップ、コーヒーカップ、ポット、花器、雑貨

ボウル 21cm Blueシリーズ 陶器 食器 笠間焼

手仕事のあたたかみを感じる柔らかな曲線は、手にしっかりとなじみます。わずかなざらつきに土のぬくもりが感じられる素朴な素材感、光沢を抑えたマットな色合いです。うっすら見える素地部分がトルコ青と調和して、優しい雰囲気を感じさせてくれます。

プレート 24cm Blueシリーズ 陶器 食器 笠間焼

古くから日本人になじみ深く、どこかほっこりする色。1点1点、日本の職人による手作りで生産されたこだわりのblueシリーズは、日本の青をまとい食卓を美味しく美しく演出します。

プレート 14cm Blueシリーズ 陶器 食器 笠間焼

【笠間焼 マグカップ 面取】ギフト対応 益子淳一 和食器 陶器 粉引 鉄黒釉 キッチン雑貨

【笠間焼 めし碗 小 面取】ギフト対応 益子淳一 和食器 陶器 茶碗

【笠間焼 小鉢 面取】ギフト対応 益子淳一 和食器 陶器 ボウル 粉引 鉄黒釉 キッチン雑貨

輪花取鉢 チタン釉 笠間焼 窯元 一窯 取皿

輪花鉢 マンガン釉/チタン釉 笠間焼 一窯 皿 中鉢

リム鉢 マンガン釉 笠間焼 窯元 一窯 皿

【笠間焼 ボウル round】ギフト対応 鈴木まるみ 和食器

【笠間焼 一輪挿し 灰釉+黒】ギフト対応 鈴木まるみ 陶器 花器 花瓶 雑貨

ポット 笠間焼 窯元 一窯 マンガン釉/チタン釉

マグカップ 140ml ベニェ 洋食器 陶器 食器 笠間焼

動画で見る、笠間焼

Kasamayaki made in Ibaraki | JapanMade

赤門雑貨店の取り扱い商品

赤門雑貨店の取り扱い商品はこちら

赤門商店街へようこそ

みなさんこんにちは、AKMテレビの人気番組「純ちゃんのシャッター通り散歩」、高山 純一と申します。

前回に引き続きまして今回も栃木県赤門町に来ています。ご覧の通り人っ子一人いないシャッター商店街、今日も期待出来そうですねえ!どんな出会いがあるんでしょうか。早速歩いてみたいと思います。

いやあ、やっぱり何もありませんねえ、みんなシャッターが閉まっています。あっ、あそこに開いているお店がありますね、看板に赤門雑貨店と書いてあります。どんな雑貨を扱っているんでしょうか、行ってみましょう。

「おじゃまします。私、テレビの、純ちゃんのシャッター通り散歩で来た、長谷川義太郎というものなんですが、ちょっとお話いいですか?お礼はたっぷりはずみます」

「あっ、高山さん、うちにもきちゃったんですね、いやだあ、先ほどはお買い上げありがとうございました」

「あれれ、先ほどのアートギャラリーにいたお嬢ちゃん、赤門 久美子さんでしたか?あのぬいぐるみにはまいったなあ。こちらもお嬢ちゃんのお店なんですか?やり手だなあ」

「若いころ渋谷にあった文化屋雑貨店が大好きで、いつか雑貨屋さんをやるのが夢だったんです」

「ところでこちらはどういった雑貨を扱っていらっしゃるんですか?」

「はい、うちのお客様はほとんどが農家の方ですから、日用雑貨の中でも特に焼き物などの食器類を多く扱っています」

「焼き物、いいですねえ、私も好きで全国の焼き物集めているんですよ。見ると欲しくなっちゃいそうだなあ、ちょっと見せてください」

「どうぞ」

「このお皿いいなあ、有田焼ですか、いい色ですねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらのお皿のほうがおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、いや、まあ、そうだねえ」

「このお茶碗もいいなあ、備前焼ですかあ、さすがですねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらのお茶碗の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、いや、まあねえ」

「こちらの湯飲みいいなあ、笠間焼ですかあ、派手さはないけど味があっていいねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらの湯飲みの方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、うん、まあねえ」

「こちらの花器きれいだねえ、京焼ですか、雅だねえ、買っちゃおうかなあ」

「こちらの花器の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「あっ、うん、たしかにねえ」

「このお猪口で酒を飲んでみたいねえ、越前焼ですか、日本の焼き物はやっぱり日本六古窯がいいねえ」

「何をおっしゃいますやら高山さん、こちらのお猪口の方がおすすめですよ、何しろ栃木県の益子焼ですから」

「えっ、まあ、そうかもしれないねえ」

「よし、仕方ない、決めた!買っちゃおう、これ全部ください。おいくらですか?」

「30万円」

「えっ?3000円?」

「30万円、現金で」

「何しろ栃木県の益子焼ですから」

冷や汗をかきながらも芸能人としてのプライドから30万円を支払った高山、こちらの雑貨屋さん、全世界の素敵な雑貨を取り扱っていながら、それは見せるだけ、栃木県で作られた商品しか売ってくれない、地元愛の強すぎる頑固な店だったのです。

「あのー、こちらのお客さんは農家の方が多いと伺いましたが、こんなお高い益子焼、農家の方は買っていかれるんですか?」

その時、高山の目の前に音もなく突然現れた老人、赤門 重蔵

「おーっと、びっくりしたなあ!またまたさっきの靴屋のおじいちゃんじゃないですか」

「田舎者をなめちゃいかんの、農家は金を持っとる。金は墓場には持っていけないからのお、それに、地元を愛せん奴はろくな死に方をせんと決まっておるんじゃ。ほおっ、ほっ、ほ」

このお話はフィクションです。

赤門商店街ってどんな商店街なの?「怪しくて人情味があって面白い!」「わかっているねえ、こう来たかあ!」「やっぱりちょっと危ないねえ」「赤門商店街ヤバい!」「・・さんえらいもの買わされたらしいよ!」そんな口コミが伝わってまいります。でも皆さん最後に一言「赤門商店街サイコー!こんな商店街、あったらいいなあ!」★★★★★星5つ、いただいております!
それでは赤門商店街にまつわるこちらのお話、みなさまどうぞお楽しみくださいませ!
Episode 1 赤門靴店
Episode 2 赤門鞄店
Episode 3 赤門洋品店
Episode 4 重蔵カフェ
Episode 5 赤門楽器店
Episode 6 ギャラリー赤門
Episode 7 赤門家具店
Episode 8 赤門自動車
Episode 9 赤門雑貨店
Episode 10 赤門電気店
Episode 11 赤門重蔵商店

広告




-赤門商店街, 赤門雑貨店, 日用品、雑貨, 焼き物、陶器、磁器、陶芸

Copyright© 赤門商店街 by Red Doors , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.