佐賀県の焼き物 唐津焼の特徴と魅力 通販で購入出来る唐津焼陶器 モダンな食器 皿 お椀 カップ 酒器 茶器 花器 雑貨

唐津焼

朝鮮唐津、絵唐津、三島唐津、斑唐津、黒唐津、粉引唐津等多彩な種類を持つ佐賀県唐津市の焼き物、唐津焼。渋い色合いの釉薬を施し、使い込むほどに独特の深い味わいが出てくるのが特徴です。こちらでは通販でお取り寄せ出来る人気の唐津焼陶器、ギフトにもおすすめの、モダンでお洒落な食器、お皿、お椀、丼、小鉢、酒器、茶器、花器、マグカップ、ボウル、雑貨等をご紹介します。

唐津焼の歴史、特徴

朝鮮唐津、絵唐津、三島唐津、斑唐津、黒唐津、粉引唐津など唐津焼の種類は多彩です。どの焼き物も渋い色合いの釉薬を施し、使い込むほどに独特の深い味わいが出てきます。昔から茶器類の焼き物で有名ですが、皿や湯飲みなども優れた作品を生み出しています。

桃山時代から遡り、古い歴史を誇る伝統工芸「唐津焼」。諸説ありますが、近年の研究によると、1580年代頃、岸岳城城主波多氏の領地で焼かれたのが始まりとされています。その後、豊臣秀吉による朝鮮出兵の際、朝鮮陶工を連れて帰り、その技術を取り入れたことで唐津焼は生産量を増していきます。

唐津港から積み出される唐津焼は京都・大阪をはじめとする西日本に広がり、焼き物のことを総称して「からつもの」と呼ぶほどに。また、茶道の世界では古くから「一井戸二楽三唐津」と言われるように、茶人たちから愛される茶陶としてその地位を確立していました。

江戸時代は藩の御用窯として伝統を守った唐津焼ですが、明治以降その庇護を失うことで衰退の一途をたどります。しかし、人間国宝・中里無庵(1895~1985年)が長い間忘れ去られていた桃山~江戸時代初期の古唐津の技法を復活させたことで再び息を吹き返し、作り手の数も増加。現代的な感覚を取り入れた作家も現れ、今では市内約70の窯元が点在しています。

唐津焼は”土もの”と呼ばれる陶器です。ざっくりとした粗い土を使った器は素朴かつ力強い印象を与え、今も昔も人々をひきつけてやみません。茶陶として発展した唐津焼ですが、生活の道具としてさまざまなうつわが存在します。また、唐津焼の大きな魅力は「用の美」を備えること。「作り手8分、使い手2分」と言われ、料理を盛る、茶を入れるなど使ってこそ作品が完成します。近年では、酒器(ぐい呑み)としても人気です。

出典 唐津観光協会公式サイト

「KARATSU YAKI」Karatsu ware(唐津焼) impart to the United Kingdom

「KARATSU YAKI」Karatsu ware(唐津焼) impart to the United Kingdom(イギリス) .

唐津焼の魅力

#安永頼山茶陶展2021#安永頼山#鎮西窯#草伝社#酒器#唐津焼#片口#徳利

#唐津焼 #櫨ノ谷窯 #うつわ #器

絵唐津徳利/片口盃

#丸田宗彦#唐津#古唐津#絵唐津

朝鮮唐津平鉢

#丸田宗彦#唐津#古唐津#絵唐津#朝鮮唐津

 

この投稿をInstagramで見る

 

光藤佐(@tasukumitsufuji)がシェアした投稿

絵唐津平鉢

#光藤佐 #絵唐津 #唐津 #中性 #草花

朝鮮唐津陶板
粉引唐津向付揃
絵唐津輪花向付揃
粉引唐津輪花向付揃
朝鮮唐津四方向付揃

#しぶや黒田陶苑#黒田陶苑#丸田宗彦#陶板#向付#朝鮮唐津#粉引唐津#絵唐津

 

この投稿をInstagramで見る

 

M’qube 🇯🇵KYOTO(@m.qube_vase)がシェアした投稿

水谷渉 谷本貴 酒の器

#水谷渉#唐津#引き出し黒#引出し黒 #黒唐津#銀化#酒の器Toyoda #伏見#ギャラリー

 

この投稿をInstagramで見る

 

村山健太郎(@kentarougama)がシェアした投稿

器/黒唐津向付

#唐津#唐津焼#窯元#健太郎窯#工房#陶器#器皿#うつわ#黒唐津#向付#料理#お造り#工芸#村山健太郎

通販サイトで購入出来る唐津焼

メルカリで購入出来る唐津焼

焼き物のこと、もっと知りたい!

種類、産地、素材、扱い方、盛り付けるときの工夫、収納の仕方、焼き物用語はこちらで詳しく知ることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました