フランスのカフェやレストランで人気! ステンレススチール製の美しい椅子 トリックスのAチェア Tolix Achair

フランスのTolix トリックス社のAチェア。数ある金属性の美しい椅子の中でもやっぱりフランス製、モード感たっぷりのお洒落なこちら、トリックスのチェアはまさに名作!圧倒的な人気を誇っています。インダストリアル系でもありながら美しくバランスのとれたデザイン、ファッション王国、そしてあの美しいエッフェル塔を建てたフランスならではのセンスあふれる逸品。世界中のお洒落なカフェやレストランで使用されていますから皆さんも見かけたことがあるのでは?ステンレススチールの美しい椅子、Tolix トリックス社のAチェアをご紹介します。

カートくん
カートくん

ねえねえボンゾくん、トリックス社のAチェアってどんな椅子なの?

ボンゾくん
ボンゾくん

フランスを代表する家具デザイナーで、家具メーカーのトリックス社の創業者でもあるグザビエ・ポシャールが、1934年にデザインしたのがAチェアだよ。スチールに亜鉛メッキを施した金属製の椅子は、とっても美しくてバランスのとれたデザインで、フランスならではのセンスあふれる逸品なんだ。世界中のお洒落なカフェやレストランで使用されているから、カート君も座ったことがあるかもね。

トリックスのAチェア Tolix Achair

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jove Meyer(@jovemeyer)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

M Le magazine du Monde(@m_magazine)がシェアした投稿

トリックスのAチェア Tolix Achairの特徴

tolix/トリックス、ヨーロッパではスタンダードの長年親しまれる椅子、a-chair

フランスを代表する家具デザイナーであり、家具メーカーのトリックス社の創業者でもあるグザビエ・ポシャールが、1934年にデザインしたのが「Aチェア」。スチールに亜鉛メッキを施した椅子は、鈍い光沢感、触感などに優れており、またアウトドアでも使用できるなど機能的でもあります。発売されるやいなや、商業的に大成功をおさめますが、その最大の要因は、折りたたんだメタルシートを採用したことにより、軽量化を実現したことでした。この軽やかな意匠により、パリをはじめとするフランスのカフェなどではよく見かけられ、30~40年前に購入されたものも多いそうです。21世紀に入っても、世界中からのオーダーが絶えない椅子は、ニューヨーク近代美術館やポンピドゥーセンターなどにコレクションされています。グザビエ・ポシャールは既に亡くなりましたが、ヨーロッパでスタンダードとなっているこのチェア、誕生してから80年以上経過してもデザインは色あせることなくより一層親しまれています。

design Xavier Pauchard グザビエ・ポシャール
寸法:W45×D46×H85cm
素材:ステンレススチール(無塗装の光沢のある表面)、スチール(カラー)
スタッキング可能

出典 designshop公式サイト

通販サイトで購入出来るトリックスのAチェア

メルカリで購入出来るトリックスのAチェア

いかがでしたでしょうか!Tolix トリックスのチェア、こんな椅子が家にあったら!想像するだけでワクワクする、素晴らしいデザインの椅子。素敵ですね!

Red Doorsが運営するサイト

日本の魅力

日本の食卓

日本のお酒

Red Doors Gallery

タイトルとURLをコピーしました